マーク・ロンソン、ガガ/マイリーなど豪華アーティスト多数参加ドキュメンタリーの予告公開

Billboard JAPAN

 現地時間2019年10月12日にYouTubeで公開されるマーク・ロンソンのドキュメンタリー『How to Be: Mark Ronson』のトレイラー映像がYouTubeで解禁された。

 これまで数々の賞を受賞してきたロンソンの制作プロセスと生い立ちに迫る、このドキュメンタリーには、彼がプロデュースした故エイミー・ワインハウスとの創作模様や制作期間8か月を要したブルーノ・マーズとの大ヒット・ナンバー「Uptown Funk」の制作秘話なども含まれている。

 彼のプロデューサー/アーティストとしての仕事ぶりは、これまでにコラボした豪華アーティストたち、妹サマンサ・ロンソンのインタビューやアーカイブ映像などを通じて語られる。出演アーティストは、レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー、マイリー・サイラス、ボーイ・ジョージ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミ、キング・プリンセス、リッキ・リー、ミック・ジョーンズ、ニッカ・コスタ、Qティップ、ショーン・レノン、サイモン・ル・ボンらとなっており、監督はCarl Hindmarchが担当した。

 YouTubeによるオリジナル作品“YouTube Originals”として公開される今作は、YouTubeの新たなプログラミング戦略の一環として、Premium会員以外でも広告付きで無料視聴が可能となる。Premium会員は、広告なしで視聴できるほか、ディレクターズ・カットなどのボーナス映像を視聴することができる。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック