マキシマムザ亮君、発案・製作総指揮のプロジェクトが日本最大の広告&マーケティング賞で受賞

Billboard JAPAN
マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君、発案・製作総指揮による『ロックバンドのフランチャイズ化 マキシマム ザ ホルモン2号店プロジェクト』が、【2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS】のブランデッドコミュニケーション部門Bカテゴリーにおいて、ACCシルバーを受賞したことが明らかになった。

 【2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS】は、応募総数2,456件を誇る日本最大の広告&マーケティング賞。アウトサイダー広告代理人としても活動するマキシマムザ亮君による、独創的でアウトサイドなアイデアがホルモンの音楽同様にジャンルを超え、広告とマーケティングのメインストリームに認められた形。『ロックバンドのフランチャイズ化 マキシマム ザ ホルモン2号店プロジェクト』は、同賞のマーケティングエフェクティブネス部門においてもファイナリストを受賞している。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック