indigo la End、 新AL『濡れゆく私小説』より「通り恋」先行配信&MV公開

Billboard JAPAN

 indigo la Endメジャー5枚目となるフルアルバム『濡れゆく私小説』より、「通り恋」の先行配信が開始されMVも解禁となった。

 既に、『濡れゆく私小説』から先行配信曲として公開されている「結び様」「ほころびごっこ」「小粋なバイバイ」「はにかんでしまった夏」はバラードから重厚なロックサウンドまで様々なテイストの楽曲が揃っているが、そのどれもがindigo la Endらしさを感じさせるのと同時に、バンドとして更なる境地に達していることを思わせる。そしてアルバム発売日まで1週間を切り、「通り恋」の先行配信が開始された。

 本楽曲はindigo la Endの真骨頂ともいえる切なさに溢れるバラード曲。スローテンポなリズムをずっしりとドラムの佐藤栄太郎、ベースの後鳥亮介が支え、そこに優しく寄り添うように長田カーティスのギターの音色が重なり、川谷絵音が奏でる歌声がその歌詞と共に切なさを醸成させ、誰もが過去の恋に想いを馳せ、思わず胸がつぶれるような、そんな感情に自然となってしまう珠玉のバラードだ。

 そして、楽曲の先行配信開始に伴いMVも公開された。映像は、川谷絵音が感情の赴くままに、ワンカットにて歌唱を行った映像で、構成はシンプルでありながら、川谷の言葉を紡ぐ様に目を惹かれ、楽曲の世界観に浸ってしまう映像に仕上がっている。

 更に、アルバムのリリースを記念して、indigo la End初となるLINELIVE特別番組『私小説は奇なり』の配信もアルバム発売日である10月9日の20時より決定した。番組内ではメンバー全員でアルバムについて語るだけでなく、視聴者からの質問にも答えるコーナーも用意されている。


◎番組情報
『濡れゆく私小説』リリース記念
LINE LIVE『私小説は奇なり』
配信日時:10月9日(水)20:00~

◎リリース情報
5th Full Album『濡れゆく私小説』
2019/10/9(水)RELEASE
<通常盤> 3,000円(tax out.)/WPCL-13103
<初回限定盤>4,000円(tax out.)/WPZL-31658
初回限定盤(DVD):全国ワンマンツアー「街路樹にて」
東京追加単独公演「abuku」at 日比谷野外大音楽堂ライブ映像収録

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック