ポルカドットスティングレイ、神尾楓珠×池田エライザW主演ドラマに主題歌「女神」書き下ろし 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポルカドットスティングレイ、神尾楓珠×池田エライザW主演ドラマに主題歌「女神」書き下ろし

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ポルカドットスティングレイ、神尾楓珠×池田エライザW主演ドラマに主題歌「女神」書き下ろし

ポルカドットスティングレイ、神尾楓珠×池田エライザW主演ドラマに主題歌「女神」書き下ろし


 ポルカドットスティングレイが、2019年10月20日からスタートするMBS/TBSドラマイズム『左ききのエレン』の主題歌として、新曲「女神」を書き下ろした。

 神尾楓珠と池田エライザがダブル主演を務める本ドラマは、かっぴー原作『左ききのエレン』の実写化作品。同漫画は、2016年3月から『cakes』にて連載がスタートし、『cakes』クリエイターコンテストで特選を受賞。2017年10月には『少年ジャンプ+』にてリメイク版が発売された。

 そんな本作のキャッチコピーは「天才になれなかった全ての人へ」。理不尽で容赦ない現代社会。「自分は天才じゃないかもしれない」という誰しもが抱えるコンプレックスと、それでも自分を信じたいプライドとの間で、本気でもがく若者たちを瑞々しく描く青春&人間ドラマとなっている。

 ポルカドットスティングレイによる主題歌も、その情景が思い浮かぶような、シリアスでスピーディーなサウンドとなっている。



◎雫(ポルカドットスティングレイ)コメント
主題歌「女神」を書き下ろさせていただきました。
天才ではないけれど「何か」になろうともがく光一の目線で、天才エレンに対する気持ちを歌いました。
追いつきたいけど追いつけない、がむしゃらにもがいて何かにならなきゃ退屈だ、という焦燥感を歌詞でもサウンドでも余すことなく表現できたと思います。
タイトルの「女神」は、「アトリエの女神」と呼ばれていたエレンのことを指しています。

◎放送情報
MBS/TBSドラマイズム『左ききのエレン』
■MBS:10/20より毎週日曜24:50~ ※初回は10/20(日)25:15~
■TBS:10/22より毎週火曜25:28~ ほか
■U-NEXT:10/22より毎週火曜26:00~独占配信
(C)かっぴー・nifuni/集英社(C)ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい