オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、1stソロAL『GIRL』作詞・作曲・全楽器・プロデュースを自ら手がけた作品 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、1stソロAL『GIRL』作詞・作曲・全楽器・プロデュースを自ら手がけた作品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、1stソロAL『GIRL』作詞・作曲・全楽器・プロデュースを自ら手がけた作品

オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、1stソロAL『GIRL』作詞・作曲・全楽器・プロデュースを自ら手がけた作品


 オカモトコウキ(OKAMOTO'S)が、1stソロアルバム『GIRL』を、2019年10月23日にリリースする。

 かねてからバンド内でも独自の楽曲センスが評価され、OKAMOTO'Sのアルバムには毎回ボーカル曲を収録、人気を博していたギタリストのオカモトコウキ。バンドが10周年を迎え、一つの区切りである武道館公演も終えた2019年、10年間の自身の音楽活動の集大成となるようなソロアルバムを作ることを決意した。

 このアルバムのため、1年以上かけて幅広い楽曲を制作。収録曲は、洗練されたシティポップ「LETTER」や「TEENAGER」、OKAMOTO'Sのアルバム『NO MORE MUSIC』収録曲「時差」のセルフカバーバージョン「石鹸」、ルーツの一つであるUKロックの要素をたっぷりと含んだ「I GOT LOVE」や「それはマジック」など12曲。その中から「LETTER」は先行配信がスタートとなった。

 なお、本アルバムは、作詞、作曲、ドラム、ベース、ギター、キーボードなどの全ての楽器、そしてプロデュースを自ら手がけ、完全に一人きりで制作した正真正銘の「ソロ」アルバムとなっている。マスタリングはユニコーンのキーボードABEDONが担当。ビンテージ感が溢れながらも、抜けが良く、ダイナミックな仕上がりとなった。

 同時に開設された特設サイトでは、ロングインタビューも公開されている。



◎オカモトコウキ コメント
「OPERA」「NO MORE MUSIC」「BOY」はある意味、青年期から大人になる境目で揺れ動く90’S TOKYO BOYSの心情をそのまま表したような作品群でしたが、バンドも10周年を迎え、それらのアルバムを出したことで一つのタームが終わったという感じがしています。
次のアルバムは大人の音楽家として、じっくりと考えて、計算高く、それでいて衝動的に、バンドを代表するような新しい作品を作りたいな、と漫然と思っております。
とにかく全く新しい季節が来る予感があるのです。令和にもなりましたし。

しかし、その前に個人的には、自分の10年分の積年のメランコリックさと女々しさと音楽的衝動みたいな
ものを残らず全て吐き出さなくては前に進めないような気が致しましたので、一人きりでアルバムを作ることにしました。最後のひとあがきといってもいいのかもしれません。
全ての楽器を演奏し、歌唱し、一人きりで作ったアルバムは、あまりに自分そのものなので自分で聴くとキミ、そんなだったのか~って感じでめっちゃ奇妙です。
しかし、すごく自信作でもあります。どうぞ、よろしくお願いします。

◎リリース情報
先行配信「LETTER」
2019/10/01 RELEASE

アルバム『GIRL』
2019/10/23 RELEASE
<CD>SLRL-10045 / 3,300円(tax out)
特設サイト:https://bit.ly/2oKCY6g

【CD】
1.I GOT LOVE  
2.それはマジック
3.LETTER
4.石鹸
5.MORE
6.PARTY IS OVER
7.TEENAGER 
8.頭の中だけ俄然ポップ
9.いつもこんな
10.未来で会いましょう
11.はやくかえりたい
12.GIRL


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい