『アナ雪2』サントラ収録曲が明らかに、K・マスグレイヴス/ウィーザー/P!ATDら参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『アナ雪2』サントラ収録曲が明らかに、K・マスグレイヴス/ウィーザー/P!ATDら参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『アナ雪2』サントラ収録曲が明らかに、K・マスグレイヴス/ウィーザー/P!ATDら参加

『アナ雪2』サントラ収録曲が明らかに、K・マスグレイヴス/ウィーザー/P!ATDら参加


 現地時間2019年11月15日にリリースされる『アナと雪の女王2』のサウンドトラックの収録曲が解禁された。11月22日の映画全米公開に先駆けて発売するサントラには、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペスによる7曲のオリジナル楽曲とクリストフ・ベックによるオリジナル・スコアが収録される。

 現地時間9月30日に、米ディズニーによって公開されたトラックリストによると、イディナ・メンゼル、クリステン・ベル、ジョシュ・ギャッド、ジョナサン・グロフ、エヴァン・レイチェル・ウッドら映画の声優を務めるキャストが歌う新曲「All Is Found」、「Some Things Never Change」、「Into the Unknown」、「When I Am Older」、「Lost in the Woods」、「Show Yourself」と「The Next Right Thing」が収められるほか、エンド・クレジットで流れるパニック!アット・ザ・ディスコ(「Into the Unknown」)、ケイシー・マスグレイヴス(「All Is Found」)、ウィーザー(「Lost in the Woods」)による挿入歌も収録される。

 映画の監督の一人であるクリス・バックは「ロペス夫妻とクリストフ・ベックによる音楽は、“アナと雪の女王”のDNAの一部です。彼ら抜きで“アナと雪の女王2”を製作することは考えられませんでした。彼らは豊かでエモーショナルな理解を作品の世界観と登場人物にもたらし、その素晴らしい音楽を通じて、私たちは物語を深め、拡張させることができました」とコメント。

 共同監督を務めるジェニファー・リーは「“アナと雪の女王2”の楽曲とスコアは、登場人物たちの成長を反映し、彼らの物語の深まりを表現しています。音楽は楽しいものですが、同時にエモーショナル、パーソナルであるとともに、パワフルで親密でありつつ壮大になっています。クリステン、ボビーとクリストフは、紛れもなくこれ以上ない結果を出してくれ、音楽を新たな高みへと勇敢に導いてくれました」と述べている。


◎『アナと雪の女王2』サウンドトラック・トラックリスト
1. 「All Is Found」 performed by Evan Rachel Wood
2. 「Some Things Never Change」 performed by Kristen Bell, Idina Menzel, Josh Gad and Jonathan Groff
3. 「Into the Unknown」 performed by Idina Menzel (feat. AURORA)
4. 「When I Am Older」 performed by Josh Gad
5. 「Reindeer(s) Are Better Than People (Cont.)」 performed by Jonathan Groff
6. 「Lost in the Woods」 performed by Jonathan Groff
7. 「Show Yourself」 performed by Idina Menzel and Evan Rachel Wood
8. 「The Next Right Thing」 performed by Kristen Bell
9. 「Into the Unknown」 performed by Panic! At the Disco (エンド・クレジット)
10. 「All Is Found」 performed by Kacey Musgraves (エンド・クレジット)
11. 「Lost in the Woods」 performed by Weezer (エンド・クレジット)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい