【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う

【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」7.2万DLで6週連続No.1、三代目JSBが追う


 2019年9月30日付(集計期間:2019年9月16日~9月22日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、米津玄師の「馬と鹿」が72,228DL(ダウンロード)を売り上げ、6週連続No.1をキープした。

 前週から8,000DLほど減とはなったものの、リリースから6週目にも関わらず、他を寄せ付けない強さを見せている「馬と鹿」。他指標では、エアプレイ&動画再生回数1位、ルックアップ2位、フィジカル3位と好ランクを叩き出し、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”ワンランク・ダウンの2位につけた。

 なお、「馬と鹿」のヒットをうけて、前週“Download Songs”3位まで上昇した「Lemon」は、チャートイン84週目の今週5位へ順位を落としている。同じくロング・ヒットとなっている、米津玄師が手掛けたFoorinの「パプリカ」(チャートイン41週目)は前週10位から7位へランクアップした。

 およそ4.5万DL差で、“Download Songs”2位に初登場したのは、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEによる「Rat-tat-tat」。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのハロウィン・イベントを盛り上げる楽曲として、9月19日から配信がスタートとなった同曲は、集計期間が週末のみだったにも関わらず、好発進となった。なお、3連休ということもあってか、前週はデジタル・リリースが少なく、TOP10に初登場したのは同曲のみだった。

 前週4位に初登場したOfficial髭男dismの「イエスタデイ」は同位をキープ。「宿命」がTOP10に再浮上したため、「Pretender」(6位)を含む計3曲がTOP10にチャートインする結果となった。


◎【Download Songs】トップ10
1位「馬と鹿」米津玄師(72,228ダウンロード)
2位「Rat-tat-tat」三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(26,782ダウンロード)
3位「空の青さを知る人よ」あいみょん(18,009ダウンロード)
4位「イエスタデイ」Official髭男dism(15,813ダウンロード)
5位「Lemon」米津玄師(13,326ダウンロード)
6位「Pretender」Official髭男dism(12,955ダウンロード)
7位「パプリカ」Foorin(12,335ダウンロード)
8位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS(10,611ダウンロード)
9位「紅蓮華」LiSA(10,240ダウンロード)
10位「宿命」Official髭男dism(9,188ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい