Chara、愛息HIMIのギター&荒田洸(WONK)のドラムで一日限りの「BUNKASAI」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Chara、愛息HIMIのギター&荒田洸(WONK)のドラムで一日限りの「BUNKASAI」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Chara、愛息HIMIのギター&荒田洸(WONK)のドラムで一日限りの「BUNKASAI」

Chara、愛息HIMIのギター&荒田洸(WONK)のドラムで一日限りの「BUNKASAI」


 Charaが開催したイベントのオフィシャル・ライブレポートが到着した。
Chara イベント時の画像

 Charaのデビュー28周年記念日&モバイルサイト5周年を記念したイベント【Culture Festival! BUNKASAI-Chara‘s 28th & Charamoba 5th Anniversary-】が文化学園20階B201で開催された。2部制で、第1部は誰でも参加でき、第2部はチャラモバ会員限定イベント。

 第1部、会場に足を踏み入れると、Charaが実際に着用した衣装と、雑誌『装苑』に掲載された愛娘SUMIREとの記事の展示が出迎える。周辺には、Charaと親交の深いお店がズラリと並ぶ。BEAMSのショップには、Charaと実妹・綿引光子の共著による絵本「LITTLE HEARTBEAT」が置かれ、綿引光子の姿もあった。ステージの背面の壁全面にライブ映像が映し出され、訪れた人は思い思いに、ライブ映像を観たり、ヴィンテージ古着や花やラグを手に取ったり、オリジナルのチャイを飲んだり──まさにCharaならではのガーリーな「BUNKASAI」を楽しんでいた。

 第2部は、Charaの尊敬するミュージシャンの1人でもある愛息のHIMIがギター、WONKの荒田洸がドラムという布陣でスタート。ふたりが曲を奏でる中、アコギを持ってCharaが現れ、照れ臭そうな表情でステージから伸びたランウェイを歩く。ファッションショーのような登場に、「BUNKASAI」感が高まる。アフロヘアーや白い天使のようなドレス姿を披露する等、何度か衣装替えをしつつ、ボーカル&アコースティックギター&ベース&キーボードと複数のパートを担当。マルチプレイヤーぶりを発揮した。このライブは荒田が初めて人前で歌った場だったが、HIMIとの甘くソウルフルなハーモニーが極上。若手アーティストとのコラボレーションに積極的なCharaと荒田のコラボレーションは今後加速していきそうだ。

 中盤は、ファンにはお馴染みの盟友・平岡恵子を司会にしたトークタイム。ファンとの撮影会が行われた後、長年付き合いのあるアーティスト仲間等から送られた28周年へのお祝いメッセージが読み上げられた。そして、平岡とCharaによるスウィートサイケな課外ユニット・jOnOが楽曲「PLUM」を披露。jOnOは10月2日に初音源「Merry Pretender」を配信する。

 セットチェンジの間に演奏する曲としてCharaが選んだのは「大切をきずくもの」。19年前、HIMIが生まれた時に作った曲だが、そのHIMIがエレキギターを弾き、Charaとデュエットするような形で披露された。自宅でもよく一緒にセッションしているそう。HIMIの歌声は艶やかなソウル系で、Charaの歌との相性は抜群だった。最後は、Charaがキーボード、HIMIがベース、平岡がエレキギター、荒田がドラムという布陣で「みえるわ」が披露された。

 Charaらしさが溢れた空間で行われた一日限りの「BUNKASAI」。感覚と感情に素直に突き動かされ、音楽と愛を追求し続けてきたChara。デビュー29年目も様々な活動が予定されており、さらに唯一無二の存在感が高まる予感に満ちていた。

Writer:小松香里 
Photographer:北島明

◎リリース情報
jOnO
配信シングル「Merry Pretender」
2019/10/02 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい