2CELLOSのルカ・スーリッチ、初のクラシック・アルバムより「春」公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2CELLOSのルカ・スーリッチ、初のクラシック・アルバムより「春」公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
2CELLOSのルカ・スーリッチ、初のクラシック・アルバムより「春」公開

2CELLOSのルカ・スーリッチ、初のクラシック・アルバムより「春」公開


 2CELLOSのルカ・スーリッチ、初のクラシック・アルバム『ヴィヴァルディ:四季』より、「春」の第一楽章の配信がスタートした。

 本作では、ルカがヴィヴァルディ作曲によるヴァイオリン協奏曲集「四季」を自らチェロ用に編曲している。幼少の頃から
チェリストになるべく研鑽を積み、数々のクラシック有名コンクールに入賞していたルカが、留学先のロンドンの名門ロイヤル・アカデミー在学中に2CELLOSとして脚光を浴びたのが8年前の事。チェロという楽器の無限の可能性を信じてこれまでもジャンルの壁を超越してきたルカ。今回は時代をこえてヴィヴァルディ(1678-1741)の傑作に挑む。

 ルカは「子供の頃から大好きだったヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」をいつかチェロで演奏してみたいと思っていた。だから今回のチャレンジはとてもやりがいがあった」とコメント。本作はヴァイオリンでの録音は世の中に何百とあるがチェロで演奏されるのは、初とのこと。レコーディングはイタリアの伝統あるサンタ・チェチーリア・アカデミア弦楽合奏団と共に、2019年6月11,12日ローマで行われた。

 また、ルカは「<四季>を演奏するのはヴァイオリンでも難易度が高いのに、ましてやチェロで演奏するわけだから時間もかかるし難しいプロセスだった。2年かけて少しずつ、1曲ごとにアレンジと準備をした。リスナーの皆さんにはヴィヴァルディの代表曲を初めてチェロで演奏するこの興奮を僕がアルバムを創っていた時と同じように感じてくれたらって思う」とも語っている。

 本作は、10月23日に日本先行発売。日本盤はボーナス・トラックとしてルカの速弾きによる「チャルダーシュ」が収録される。初回盤封入特典として特製「四季暦2020」が封入される。



◎リリース情報『ヴィヴァルディ:四季』
2019/10/23 日本先行発売
SICC30543
2,400円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい