リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画が2020年公開、オアシスの成功や苦悩映す 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画が2020年公開、オアシスの成功や苦悩映す

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画が2020年公開、オアシスの成功や苦悩映す

リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画が2020年公開、オアシスの成功や苦悩映す


 ドキュメンタリー映画『Liam Gallagher: As It Was(原題)』が2020年に公開される。

 リアム・ギャラガーのオアシス時代からソロミュージシャンとして復活するまでの姿にフォーカスした同作。オアシス
の成功と実兄ノエル・ギャラガーとの確執、ビーディ・アイの結成と解散を経て、リアム・ギャラガーとして復活するまでの挫折や苦悩が映し出される。監督はドキュメンタリー映画を撮り続けるギャビン・フィッツジェラルドと、同作のため10年以上にわたりリアム・ギャラガーを撮影してきたチャーリー・ライトニングが務めている。

 なおリアム・ギャラガーは本日9月20日にニューアルバム『ホワイ・ミー?ホワイ・ノット』をリリースした。

◎映画情報
『Liam Gallagher: As It Was(原題)』 2020年公開 配給:ポニーキャニオン (C)2019 WARNER MUSIC UK LIMITED


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい