Ms.OOJA、清水崇監督の新作ホラー映画『犬鳴村』主題歌担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Ms.OOJA、清水崇監督の新作ホラー映画『犬鳴村』主題歌担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Ms.OOJA、清水崇監督の新作ホラー映画『犬鳴村』主題歌担当

Ms.OOJA、清水崇監督の新作ホラー映画『犬鳴村』主題歌担当


 Ms.OOJAの新曲「HIKARI」が、2020年2月7日から全国公開される映画『犬鳴村』の主題歌に起用されることがわかった。
その他画像

 『犬鳴村』は『呪怨』シリーズなどで知られる清水崇監督の新作映画。実在する心霊スポットを題材にした作品で、三吉彩花が主演を務める。

 新曲「HIKARI」は、映画の世界観に寄り添いながらも、抗えない運命の中で力強く生きていく姿を鮮明に描き出した楽曲。9月21日から札幌からスタートする全国ツアー【Ms.OOJA LIVE TOUR SHINE】で披露される。

◎Ms.OOJA コメント
トラウマになった「呪怨」の清水監督のホラー映画の主題歌を歌う日が来るとは思いませんでした。清水監督、音楽制作の海田さんととことん話合い一切の妥協なく作り上げた主題歌、最後はタイトルまでも粘りました。エンドロールでこの「HIKARI」が流れて映画「犬鳴村」は完結します。みなさん最後まで思いっきり怖がってお楽しみください。

◎清水崇監督 コメント
抗えない血筋と業…そこに手探りする魂の叫び。
そんな歌にしたかった。
彼女の歌唱力でこその主題歌を撮影前から模索しながら数か月…作曲家の海田さんが提案してくれたデモは、一発で世界観を掴んでくれた。
心がざわざわした。
「これだ!OOJAさんが唄うべき主題歌はこれだ!」
手前味噌だが…この奇跡的な相乗効果を、彼女の歌声で、海田さんの楽曲で、そして映画でご覧いただきたい。

◎三吉彩花 コメント
映画の感覚をここまで引きずる歌は初めてでした。
痛みや苦しみだけではなく光を求めて前に進んで生きていくというメッセージがとてもダイレクトに刺さるこの曲は、儚くも力強いMs.OOJAさんの歌声によって色濃く皆さんの心にも刻まれると思います。

◎映画情報
『犬鳴村』
2020年2月7日から全国公開
監督:清水崇
脚本:保坂大輔 出演:三吉彩花
(C)2019 「犬鳴村」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい