ザ・プロディジー、故キース・フリントの50歳の誕生日に追悼メッセージを投稿 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・プロディジー、故キース・フリントの50歳の誕生日に追悼メッセージを投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ザ・プロディジー、故キース・フリントの50歳の誕生日に追悼メッセージを投稿

ザ・プロディジー、故キース・フリントの50歳の誕生日に追悼メッセージを投稿


 ザ・プロディジーが、今年3月に亡くなったメンバーのキース・フリントの50歳の誕生日になるはずだった、2019年9月17日に追悼メッセージを投稿した。

 「誕生日おめでとう、フリンティー」と前置きしたメンバーのリアム・ハウレットとマキシムは、「俺たちが、君のことを思わない日は一日もない。君が恋しいよ、ブラザー。どこにいようと、盛りがってくれよ、マザーファッカー!」と彼ららしい言葉で、亡き盟友への想いを綴った。

 投稿のコメント欄には、「レジェンド!」、「この世からはいなくなってしまったけれど、忘れられることはない」、「私たちの心の中で彼は永遠と生き続けている」など、多くのファンからのメッセージが集まっている。

 先月、ザ・プロディジーはキースの死後初めてスタジオ入りし、新曲に取り掛かっていることをTwitterでファンへ報告していた。これらの新曲にキースのヴォーカルがフィーチャーされるかは今のところ不明だ。

 キースは、3月4日の朝に英エセックス州の自宅で、首を吊って亡くなっているのが発見された。その後の検視結果で、体内からコカイン、アルコール、コデインが検出された。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい