<ライブレポート>Suchmos、横浜スタジアムで3万人と作り上げた集大成 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<ライブレポート>Suchmos、横浜スタジアムで3万人と作り上げた集大成

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<ライブレポート>Suchmos、横浜スタジアムで3万人と作り上げた集大成

<ライブレポート>Suchmos、横浜スタジアムで3万人と作り上げた集大成

 Suchmosが、9月8日に神奈川・横浜スタジアムにて【"Suchmos THE LIVE" YOKOHAMA STADIUM】を開催した。

 メンバー全員が神奈川育ちのSuchmosにとって横浜スタジアムは、デビュー当初より目標としてきた舞台。当日、台風の影響が心配されるなか、彼らの夢が叶う瞬間を一目見ようと、会場には3万人のオーディエンスが集まった。雨が降ったり止んだりの安定しない天気も相まってか、客席はソワソワと不思議な高揚感に包まれていた。

 定刻を少し過ぎた頃、バックスクリーンにSuchmosの大きなロゴが映し出され、メンバーが登場。満員のフロアを見るな否や、晴れやかな表情を見せるメンバー達。「よくきたね!」とYONCE(Vo.)がフロアに声をかけ、ライブは「YMM」からスタートする。スムースなグルーヴに乗せて、悠々とステージを練り歩くYONCE、TAIKING(Gt.)、HSU(Ba.)のフロント3人。良い意味でスタジアムの広さを感じさせないリラックスしたムードのなか、ライブは進行していく。

 満を持してのスタジアム公演ともあり、この日のセットリストはこれまでのキャリアを総ざらいするような楽曲が並んだ。序盤は、2015年にリリースの1stアルバム『THE BAY』から「Alright」「Miree」、Suchmosの名を一気に轟かせたキラーチューン「STAY TUNE」など、主に自主レーベル発足以前のナンバーがドロップされた。続けて、今年3月にリリースした最新作『THE ANYMAL』より「In The Zoo」が披露されると、空気は一転。序盤の洗練された雰囲気とは打って変わった、サイケデリックなサウンドスケープを展開。哀愁の滲むYONCEの佇まいが、雨の降りしきる会場によく似合っていた。

 MCでは、OK(Dr.)によるフランクな紹介を挟みつつ、メンバーが一人ずつ挨拶。「(メンバーとは)ガキの頃から一緒で、こんなところに立ってるなんて信じられない」(HSU)、「夢って叶わないから夢だと思っていた」(KCEE(DJ))それぞれが今、この横浜スタジアムのステージに立っていることへの感動を感慨深げに語る。ラストを任されたYONCEは、「Suchmosというバンドをやっていなかったら、『俺こんなことで食らうんだ』とか『こんなことに幸せ感じるんだ』とか気付かなかったと思う」と振り返りながら、「これからもいろんなものを見つけて行く旅をしていきたいなと思います。どうぞよろしく!」と改めてオーディエンスへ意気込みを示した。

 「MINT」「TOBACCO」とクールなナンバーが続いた後は、TAIHEI(Key.)の落雷のようなピアノから始まった「Hit Me, Thunder」、そして「Pacific Blues」と長尺のナンバーを連投。特に10分以上にも及ぶジャム・セッションを繰り広げた「Pacific Blues」は、この日のハイライトだった。ダブ風味のゆったりとしたサウンドにYONCEの気ままな歌唱が乗っかる序盤、ストリングスのメロウな響きが染み渡る中盤、TAIKINGのギターソロが炸裂し、ダイナミックで熱情的な展開を見せる終盤。圧倒的なスケール感で繰り広げられるアンサンブルが、スタジアム中を何ものにも代え難い興奮で包み込んだ。その中で、感極まった表情を見せたり、笑顔でアイコンタクトを取りあうメンバーの姿には、思わず胸を打たれずにはいられなかった。

 「ラストスパート、一緒に行こう!」とライブは終盤戦へ突入。お馴染みのイントロに大歓声が上がった「A.G.I.T.」、HSUのドライブするベースリフが印象的な「Burn」など、アグレッシブなナンバーをテンポよく投下し、フロアはこの日一番の熱気を帯びる。アース・ウィンド・アンド・ファイアーを想起させる陽気なディスコソング「GAGA」では、歌詞に『横浜』のワードを盛り込む地元愛を感じさせる計らいもあり。ラストの「VOLT-AGE」では、フロントの3人が花道に並び立ち熱演。会場のボルテージが最高潮に達したところで、本編は終了した。

 スマートフォンのライトがスタジアムを埋め尽くしながら迎えたアンコール。YONCEは「ここから見る景色を楽しみにしてたんだけど、超最高だった!」と今日の感想を嬉々としたトーンで伝えつつ、「いろんなことを日々感じて、ただ生きてます。それを出していきます。これからもよろしく!」とオーディエンスへ笑顔を見せた。ラストソングは、2015年リリースの1stE.P.『Essence』より「Life Easy」。『誰のためでもなく 自分のために生きよう』そんなメッセージを残し、3時間に及ぶライブを締めくくった。終演後、花道で肩を組んだ6人のやり切った表情、そして会場中に絶え間なく鳴り響いた拍手は、この日のライブがあの場所にいたすべての人にとって特別なものであったことを何よりも物語っていた。


Photo:Kayo Sekiguchi/Shohei Maekawa/Shun Komiyama/Yosuke Torii
Text:Mika Fuchii


◎公演情報
【"Suchmos THE LIVE" YOKOHAMA STADIUM】
2019年9月8日(日)
神奈川・横浜スタジアム
<セットリスト>
01.YMM
02.WIPER
03.Alright
04.DUMBO
05.Miree
06.STAY TUNE
07.In The Zoo
08.藍情(新曲)
09.OVERSTAND
10.MINT
11.TOBACCO
12.WHY?
13.BODY
14.Hit Me, Thunder
15.Pacific Blues
16.A.G.I.T.
17.Burn
18.808
19.GAGA
20.VOLT-AGE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい