【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が567万回再生でストリーミング16連覇 indigo la End「夏夜のマジック」がトップ100に初登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が567万回再生でストリーミング16連覇 indigo la End「夏夜のマジック」がトップ100に初登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が567万回再生でストリーミング16連覇 indigo la End「夏夜のマジック」がトップ100に初登場

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が567万回再生でストリーミング16連覇 indigo la End「夏夜のマジック」がトップ100に初登場

 2019年9月16日付(集計期間:2019年9月2日~9月8日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dism「Pretender」が5,670,277回再生で16連覇を達成した。

 今週は、9月6日に総再生回数1億回超えが発表されたあいみょん「マリーゴールド」が、3週ぶりにトップ3に返り咲いた。あいみょんは、さらに20位にチャートインした「ハルノヒ」が今週120万回再生を記録し、総再生回数4,000万回を突破した。「ハルノヒ」は、2019年にリリースされた楽曲の中で、「Pretender」、King Gnu「白日」、菅田将暉「まちがいさがし」に続く4曲目の4,000万回超え楽曲となる。なお、今週275,4万回を記録した「白日」も、総再生回数7,000万回の大台を突破した。

 トップ10では、190.6万回再生を記録したmiwa「リブート」が、自身最高となる週間チャート9位を獲得した。また、トップ100に10曲を送り込んだOfficial髭男dismは、本日より新曲「イエスタデイ」の配信がスタート。前作「宿命」の配信スタート時には、既発曲が軒並み右肩上がりのチャートアクションを見せており、今作ではどのような動きを見せるのか注目が集まる。

 8月30日に主要サービスでのストリーミング配信をスタートした星野源は、トップ100に5曲エントリー。「恋」「Pop Virus」など前週も登場した4曲がそれぞれ順位を上げたほか、『ドラえもん』新OPに決定した「ドラえもん」が前週圏外から53位にジャンプアップを見せた。

 90位にチャートインしたindigo la End「夏夜のマジック」は、2015年に発表された楽曲だが、今夏TikTokなどの動画投稿SNSで話題となり、初のトップ100入りを果たした。DAOKO × 米津玄師「打上花火」や、Mrs.GREEN APPLE「青と夏」に続く、新たな夏の定番ソングとなるのか注目だ。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Pretender」Official髭男dism(5,670,277回再生)
2位「宿命」Official髭男dism(3,978,093回再生)
3位「マリーゴールド」あいみょん(2,853,310回再生)
4位「ノーダウト」Official髭男dism(2,807,665回再生)
5位「白日」King Gnu(2,754,125回再生)
6位「まちがいさがし」菅田将暉(2,471,186回再生)
7位「パプリカ」Foorin(2,115,537回再生)
8位「us」milet(1,987,567回再生)
9位「リブート」miwa(1,906,149回再生)
10位「DREAMERS」GENERATIONS from EXILE TRIBE(1,850,354回再生)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい