<来日インタビュー>カイゴ、話題のホイットニーの幻の楽曲リメイクやアヴィーチーについて語る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<来日インタビュー>カイゴ、話題のホイットニーの幻の楽曲リメイクやアヴィーチーについて語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<来日インタビュー>カイゴ、話題のホイットニーの幻の楽曲リメイクやアヴィーチーについて語る

<来日インタビュー>カイゴ、話題のホイットニーの幻の楽曲リメイクやアヴィーチーについて語る


 全世界楽曲総再生回数70億回を誇り、“トロピカル・ハウス”の火付け役として人気を誇るノルウェー出身のDJ/プロデューサー、カイゴが、2019年9月7日と8日に愛知県で開催された【WIRED MUSIC FESTIVAL'19】の初日のヘッドライナーとして来日した。当日は通常のDJセットとは異なるピアノやオーケストラの生演奏、そして昨年配信された「Happy Now」を歌うサンドロ・カヴァッザのサプライズ登場で会場を沸かせた。

 カイゴは現在、2012年に亡くなった歌姫ホイットニー・ヒューストンの「ハイヤー・ラブ」のリメイク曲がヒット中。この曲はホイットニーが1990年に発表したアルバム『アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト』の日本盤にのみ収録されていた楽曲で、世界的には知られていない幻の楽曲だ。ホイットニーの歌声はそのままに、カイゴらしくトロピカル・ハウス調の踊れるモダンチューンに生まれ変わった「ハイヤー・ラブ」は、【WMF'19】でももちろん披露された。今回、パフォーマンス前のカイゴにインタビューし、この「ハイヤー・ラブ」や、アヴィーチーのこと、そしてK-POPについて少し話を伺った。

―「ハイヤー・ラブ」が見事、米ビルボード・ダンス・クラブ・チャートで1位を取りましたね。
カイゴ:いい反応をもらえていて嬉しいよ。

―ホイットニーが歌われているこの曲をカイゴは知ってましたか?
カイゴ:スティーヴ・ウィンウッドのオリジナル曲のほうを知ってたけど、ホイットニーがこの曲を歌ってたのは知らなかった。ホイットニーの財団がこの曲を制作できる人を探していて、僕に白羽の矢が立ったんだ。ホイットニーのボーカルに合わせて曲を手がける機会を与えてもらって、個人的にすごく嬉しく思っているし、すごくクールなことだよ。

―この曲、実は日本だけでフィジカル・リリースされてたようです。
カイゴ:知ってる。確か、アルバムのボーナス・トラックとしてリリースされたんだよね。だから日本人には聴き馴染みのある人もいるだろうね、逆に他の国では全く知られていない曲だと思うよ。

―カイゴは彼女のどんなところが魅力的だと思いますか?
カイゴ:彼女は世界最高峰のシンガーのひとりだし、レジェンドだよね。俺は彼女の曲を聴いて育ったから、彼女の歌声を聞くと、子供の頃とか、楽しい思い出をいっぱい思い出すんだ。だから今回のコラボレーションは俺にとって本当に夢みたいなものなんだよ。

―あなたが愛するアーティストとして、ほかにアヴィーチーも挙げられると思いますが、今年の12月に開催される彼のトリビュート・コンサートに出演されるんですよね?
カイゴ:彼は俺の一番のインスピレーションの源で、俺が音楽を始めたのも彼がきっかけ。このコンサートが開催されると聞いた時は、是非とも参加したいと思ったし、当日はとても特別な一日になると思う。

―尊敬していた人の友人の一人として、こうして声をかけられるのは、とても名誉のある嬉しいことですよね。
カイゴ:もっと彼のことを知りたかったなって思う。人としてお互いを深く知るための時間をもっと過ごしたかったよ。彼の音楽は俺の人生やキャリア、俺が今作っている音楽に大きな影響を与えた。俺に関わる全てのことが彼から影響を受けているんだよ。友人になれたなんて、すごくクール。

―ちなみに彼のことを何と呼んでたんですか?(本名の)ティムですか?
カイゴ:大体アヴィーチー。インタビューとかで彼の音楽とか彼のことを話す時とか、そういう時はほぼアヴィーチーって言うけど、彼と知り合ってからは、たまにティムって呼ぶこともあった。

―今回、【WIRED MUSIC FESTIVAL'19】の初日ヘッドライナーとして来日されましたが、ちょうど、あなたの出番の前のBLACKPINKがパフォーマンスしていますけど、世界を廻るカイゴから見て、K-POPアーティストたちの勢いを感じますか?
カイゴ:すごく感じるよ。まだそこまで彼女たちの音楽とかK-POPを聞いたりステージを見たりしたことはないんだけど、今すごく人気が出てるってことは知ってる。

―日本では10年以上前からK-POPがすごく人気なんですが、ノルウェーではどうなんですか?
カイゴ:昔からK-POPが盛んだったっていう印象はないんだけど、世界で少しずつ人気が広まってきているから、これからノルウェーでも浸透されていくかもしれないね。今、ノルウェーですごく人気があるかは、正直、この辺りはあまり詳しくないから分からないんだ…(笑)。でも、これからすごく人気が出てくるかもね。

―来年あたりにはノルウェーでも大人気になってるかもしれないですね(笑)。最後に日本のファンへメッセージをお願いします。
カイゴ:日本に来るたび、ファンからプレゼントをもらったり、温かく迎えてもらったりして愛を感じるんだ。ずっと応援もしてくれて本当に嬉しいよ。俺の音楽を買ってくれたり配信で聞いてくれたり、すごく感謝してる。


◎【WIREDMUSICFESTIVAL’19】概要
日時:2019年9月7日(土)、8日(日)※終了
会場:AICHI SKY EXPO野外多目的利用地(愛知県常滑市セントレア5丁目)
9月7日ラインナップ:カイゴ、BLACKPINK、ディロン・フランシス、Alok、banvox、Feenixpawl、DJ DARUMA & JOMMY、SHINTARO、MARZY、REN、YONYON、KEKKE、DJ RYOW、SOCKS、\ellow Bucksほか
9月8日ラインナップ:ウィズ・カリファ、マイク・シノダ・オブ・リンキン・パーク、Valentino Khan、BAD HOP、King Gnu、KOHH、SANABAGUN.、DJ RYOW & FRIENDS、Yoshi、AMINE EDGE & DANCE、DJ DARUMA & JOMMYほか


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい