【先ヨミ】乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』が92万枚超えで現在シングル首位、刀剣男士/鈴木愛理が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』が92万枚超えで現在シングル首位、刀剣男士/鈴木愛理が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』が92万枚超えで現在シングル首位、刀剣男士/鈴木愛理が続く

【先ヨミ】乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』が92万枚超えで現在シングル首位、刀剣男士/鈴木愛理が続く


 今週のCDシングル売上レポートから2019年9月2日~9月4日の集計が明らかとなり、乃木坂46の『夜明けまで強がらなくてもいい』が923,223枚を売り上げ、首位に立っている。

 前作『Sing Out!』から約3か月ぶり、24枚目のシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』は、4期生3名を含む18名の選抜メンバーで構成され、センターを遠藤さくらが務めている。9月4日にリリースされた本作は、前作の初動3日間の売上枚数959,957枚に近い枚数を売り上げており、次週の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”の発表までに100万枚を突破すれば、5作連続6回目の初週ミリオンを達成することになる。

 『夜明けまで強がらなくてもいい』と同日リリースのミュージカル『刀剣乱舞』より刀剣男士 formation of 三百年の『鼓動』は初動3日間で79,397枚、鈴木愛理の『Escape』は初動3日間で33,993枚を売り上げて、それぞれ現在2位と3位に入っている。

 2019年秋にスタートのファンクラブコンサートと連動した浜田省吾のメモリアルシングル『凱旋門』は、初動3日間で17,206枚を売り上げて現在4位。表題曲は1982年に発売されたアルバム『PROMISED LAND~約束の地』に収録された同曲を再レコーディングしたものだ。そして『凱旋門』と約460枚差なのが山本彩の2ndシングル『棘』で、初動3日間で16,744枚を売り上げている。TVドラマ『あなたの番です-反撃編-』の主題歌である手塚翔太の『会いたいよ』は初動3日間で15,271枚を売り上げており、好調なスタートを切った。ドラマ最終回が今週9月8日に放送される予定で、その結末に注目が集まっている。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2019年9月2日~9月4日の集計)
1位『夜明けまで強がらなくてもいい』乃木坂46(923,223枚)
2位『鼓動』刀剣男士 formation of 三百年(79,397枚)
3位『Escape』鈴木愛理(33,993枚)
4位『凱旋門』浜田省吾(17,206枚)
5位『棘』山本彩(16,744枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい