ビリー・アイリッシュ、「bad guy」がホラー映画の主題歌に

Billboard JAPAN

 マーベル・スタジオの大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガンがプロデュースを務めるホラー映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の主題歌にビリー・アイリッシュの「bad guy」が抜擢された。
 2019年11月15日より全国公開される『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は、ホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超えた、全く新しいジャンルミックス作品で、エンディングを飾るビリーのミステリアスな歌声が、本作の余韻をさらに煽る。
 ずっと母になる日を夢見て苦しんできたトリ(エリザベス・バンクス)は、ある日、謎めいた男の赤ちゃんが到来し、突然その夢が実現する。聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子ども・ブランドンは、トリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在となる。しかし、12歳になったブランドンの中に強烈な闇が現れ、トリも息子に恐ろしい疑いを抱きはじめる。やがてブランドンは、普通の人が持つことのない異常な力を発揮しはじめ、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていく。
◎公開情報
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』
2019年11月15日(金)より、全国公開
製作:ジェームズ・ガン
監督:デヴィッド・ヤロヴェスキー
出演:エリザベス・バンクス、デヴィッド・デンマン、ジャクソン・A・ダンほか
配給:Rakuten Distribution/東宝東和
(C)The H Collective

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック