【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメV7 『うた☆プリ』/浦島坂田船/「竈門炭治郎のうた」がトップ10入り

Billboard JAPAN

 2019年9月9日付(集計期間:2019年8月26日~9月1日)の“JAPAN Hot Animation”チャートで、映画『天気の子』よりRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」が7週連続1位に輝いた。
 「愛にできることはまだあるかい」は、ラジオオンエア1位、ダウンロード1位、動画再生1位、カラオケ1位、Twitter 11位で、当週も首位を守り抜いた。2位には同じく映画『天気の子』よりRADWIMPSの「グランドエスケープ feat. 三浦透子」が前週から1ランク上げてチャートイン。「愛にできることはまだあるかい」との差が約550ポイントと数値差が過去最小になっており、順位逆転の可能性も秘めている。
 3位には、アプリ『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のシャイニング事務所のアイドル7人と先輩アイドル4人の総勢11名が歌う「WONDER☆RONDO」が初登場。アプリ2周年を記念した新テーマソングを収録したシングル『うたの☆プリンスさまっ♪Shining LiveテーマソングCD2』が8月28日にリリースされ、CDセールスとルックアップで1位、Twitter 12位とフィジカル・ポイントが牽引した。4位にはTVアニメ『イナズマイレブン オリオンの刻印』のエンディング曲である浦島坂田船の「明日へのBye Bye」がチャートイン。本曲も8月28日にCDリリースされ、CDセールス2位、ルックアップ2位、Twitter 10位、ダウンロード14位を獲得したが、「WONDER☆RONDO」とわずか3.5ポイント差でトップ3入りを逃した。
 5位のMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」(TVアニメ『炎炎ノ消防隊』オープニング)に続くのはTVアニメ『鬼滅の刃』より椎名豪 featuring 中川奈美の「竈門炭治郎のうた」。8月10日に初回放送された第19話「ヒノカミ」の挿入歌で、オンエア後に視聴者から感動と号泣の声が挙がった「竈門炭治郎のうた」は8月30日にダウンロードが解禁され、当週ダウンロード2位、Twitter 7位を記録して6位に初チャートインした。また同番組のオープニングを務めるLiSAの「紅蓮華」はダウンロードポイントが上昇。9月2日にはLiSAがフィーチャーされたエンディングテーマのFictionJunction feat. LiSA「from the edge」がフル配信スタートされたため、次週発表の“JAPAN Hot Animation”でこれら『鬼滅の刃』の関連曲がどう動くか、その結果に注目したい。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS
2位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
3位「WONDER☆RONDO」一十木音也(寺島拓篤),聖川真斗(鈴村健一),四ノ宮那月(谷山紀章),一ノ瀬トキヤ(宮野真守),神宮寺レン(諏訪部順一),来栖翔(下野紘),愛島セシル(鳥海浩輔)
4位「明日へのBye Bye」浦島坂田船
5位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
6位「竈門炭治郎のうた」椎名豪 featuring 中川奈美
7位「ハルノヒ」あいみょん
8位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
9位「GONG」WANIMA
10位「Happy New Genesis」ディアンサ(水瀬いのり),リナリア(田中美海),ハリエ(小倉唯),ジオラ(高橋未奈美),カンナ(内山夕実)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック