〈ライブレポート〉日本シンガーiri×韓国バンドSE SO NEON、音楽で絆を結ぶ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

〈ライブレポート〉日本シンガーiri×韓国バンドSE SO NEON、音楽で絆を結ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
〈ライブレポート〉日本シンガーiri×韓国バンドSE SO NEON、音楽で絆を結ぶ

〈ライブレポート〉日本シンガーiri×韓国バンドSE SO NEON、音楽で絆を結ぶ


 欧米をはじめアジアからも積極的にアーティストを招聘している【サマーソニック】に、この夏、韓国バンドのSE SO NEON(セソニョン)が「Billboard JAPAN STAGE」に初出演したのを記念して、8月下旬、渋谷のWWWXにてiriとの2マン公演が開催された。SE SO NEONは、台湾・ドイツ・北米等のフェスに出演、韓国でも日本を含むアジア各国のバンドと対バンを実施、坂本龍一の目にも留まり交流を続けているという期待のグローバル派バンドだ。iriは日本を飛び出し、中国や台湾でのライブやフェスへの出演も果たすなど、海外から注目を浴びる女性ボーカリストとして、同じステージへ立つことになった。
その他画像

 月曜という週はじめにも関わらずWWWのフロアはぎっしり。バンドセットのiriが先攻を担い、グルーヴ感たっぷりの「Sway」で一気にオーディエンスを引き込むと、「CAKE」「半疑じゃない」と流れるように曲をつなぎ、会場はうねりを見せる。中低音域を軸にファルセットを行き来する声、歌とラップを自由に操り、流れるような心地よいダンストラックに思わず腰が動いてしまう。「今日はSE SO NEONとの2マン、お越しいただいてありがとうございます」と短めのMCを挟みつつ、「Corner」ではコール&レスポンス、CMソングとしておなじみの「Wonderland」や「Only One」ではiriが手を伸ばしリズムを取ると、会場もハンズアップで呼応。「ナイトグルーヴ」ではギターを抱え軽快に歌い、「Shade」では内から沸々とあふれ出すようなエネルギーでダイナミックに訴求する。リズムとラップのフロウが絶妙な「Common」「Fruits」などを披露し、夏の日の風景が目に浮かぶ「rhythm」まで13曲、会場を揺らし続けた。

 後攻のSE SO NEONは、紅一点ボーカル/ギターのSo!YoON!(ソユン)と、前メンバーの兵役により新メンバーを迎えたドラム(ユ・ス)と、ベース(パク・ヒョンジン)の3ピース構成。1曲目はSo!YoON!ソロ名義アルバムに収録された、重厚なロックビートの「Athena」ででスタート、長めのインストからリヴァーヴのきいたギターが爽快な「Summer Plumage」へと飛ばしてゆく。フロントマンのSo!YoON!はギタリストを目指した経緯から、歌と同じくらい饒舌にギターが音を放つ。MCでは全員スマートフォンのメモを見ながら、日本語でコミュニケーション。ヒョンジンはメモがうまく読めず、スマートフォンをマイクにかざし翻訳アプリに喋らせ大爆笑、ユ・スはグッズのTシャツを見せて「買ってください、カバンが重いです」と会場を和ませる。清涼感の「Dong」「Ung」、幻想的な「Gurumi」「Nan Chun(乱春)」を経て、「一緒にしてくれたiriちゃんにも…あざっす!」とSo!YoON!が愛嬌をこめてメッセージを送り、ロック感ほとばしる「The Wave」でエネルギーを爆発。羽根のような高音とデスぎみな低音をパワフルに歌い放ちながら、ギターをかき鳴らすSo!YoON!の姿は圧巻だ。アンコールでは、少し郷愁を感じさせるスローテンポの新曲を披露。最後にiriを呼び込み、客席をバックに2組で記念撮影。会場の隅々まで熱を帯びたライブ競演となった。

 ステージでの写真撮影ではやや距離感のあった2組だが、打ち上げでは意気投合。「可愛いとかセクシーな女性ボーカルは多いけれど、ボーイッシュなボーカリストはなかなか会えないのでうれしい。これほど多く会話した海外アーティストも初めて」とiri、「ロートーンを響かせる女性ボーカリストは韓国にもおらず、“同じ歌声”の友だちができてうれしい!」とSE SO NEONのSo!YoON!。同じ20代の女性として、音楽話や流行りものを語り合う姿に国境はない。またステージで会うことを約束して、アーティスト同士の絆を結んでいた。


◎公演情報
【SE SO NEON / iri
SUMMER SONIC EXTRA】
2019年8月19日(月)〈終了〉
渋谷WWW


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい