スピッツ、恒例の夏イベント【ロックのほそ道】10周年で豪華アーティストが集結 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スピッツ、恒例の夏イベント【ロックのほそ道】10周年で豪華アーティストが集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
スピッツ、恒例の夏イベント【ロックのほそ道】10周年で豪華アーティストが集結

スピッツ、恒例の夏イベント【ロックのほそ道】10周年で豪華アーティストが集結

スピッツ恒例の夏イベント【ロックのほそ道~10th Anniversary Special~】が宮城・ゼビオアリーナ仙台にて、8月31日、9月1日の2日間にわたり開催された。

 2010年から始まり、これまで宮城を拠点に福島・岩手・山形・青森・秋田と、東北地方を行脚する形で開催されてきた同イベント。今年は10周年ということで初のアリーナでの開催となり、2日間で1万人の観客を動員。東北の夏を盛り上げた。

 初日には、第1回目から最多6回目の出演となるフラワーカンパニーズ、同じく第1回目から出演、5年ぶり4回目の秦 基博、そして2年ぶりの出演となるMy Hair is Bad。2日目は、2015年以来4年ぶりの出演となるクリープハイプ、2012年初出演、今回で3回目のUNISON SQUARE GARDEN、そして、初参加のsumikaがそれぞれ熱いパフォーマンスを披露した。

 2日間に渡りトリをつとめたのはスピッツ。最新シングル「優しいあの子」の演奏が始まると、観客はこの曲を生で聴くことができる喜びを、優しいメロディーに合わせて体を揺らしたり口ずさんだりして表現。会場全体は心が解きほぐされていくような、なんとも温かい幸せな雰囲気に包まれた。

 疾走感溢れるロックナンバー「8823」では、会場の盛り上がりは最高潮に。サビではアグレッシブな演奏に、幅広い世代の観客が皆一体となって飛び跳ね応えた。そして、草野マサムネ(Vo/Gt)の「ロックのほそ道、またお会いしましょう」という一言で、イベントの10周年を締めくくった。

 スピッツ恒例の夏イベントは、残すところ9月4日・5日に東京・新木場STUDIO COASTで開催される【新木場サンセット2019】となる。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい