ポール・マッカートニー、孫がナイフを持った強盗に襲われたことを明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・マッカートニー、孫がナイフを持った強盗に襲われたことを明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ポール・マッカートニー、孫がナイフを持った強盗に襲われたことを明かす

ポール・マッカートニー、孫がナイフを持った強盗に襲われたことを明かす


 英ザ・タイムズ紙のインタビューに応じたポール・マッカートニーが、自身の孫が英ロンドンにてナイフを持った強盗に襲われ、携帯電話を奪われていたことを明かした。

 孫が8人いるポールは、被害にあったのが誰か明かさなかったものの、事件後、その孫は抵抗しなかったことに「臆病者」のように感じたとポールに話したとのことだ。

 その時の孫との会話を「“最悪なのは、自分が相手を殴ってればよかった”と孫は言っていた。家に帰ってきて、臆病者だと感じたんだ」と説明したポールは、「それは違う、違う、違う!相手はナイフを持っていて、もしかしたらそれを使ったかもしれないだろう」と彼を諭したそうだ。

 またポールは、「僕が幼い頃、4人の若者に襲われ、時計を奪われた」と自身が地元リバプールで強盗にあった経験についても語っている。「(孫と)同じくらいの年齢だったと思うけれど、たまたま一人だったところを体の大きな奴らがやってきて、(孫と)同じような気持ちになった。(当時は)“空手を習って、黒帯を取ってやろう、そして彼らをやっつけてやろう”と思っていたけど。あれは最悪だった」と振り返っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい