J×Takanori Nishikawa、『仮面ライダーゼロワン』主題歌初オンエア

Billboard JAPAN

 J×Takanori Nishikawaが担当する『仮面ライダーゼロワン』主題歌「REAL×EYEZ」が、同番組内で初オンエアされた。

 劇中のクライマックス戦いシーンで“01,01,01”コーラスから激しいギターのリフとROCKのビートにのり、J(LUNA SEA)と西川貴教の声が流れ、戦いシーンが一挙に加速。

 同楽曲の作曲はLUNA SEAのベーシストであり、LUNA SEAが発表してきた数々のヒット曲を手がけてきたJが担当、ボーカルはパワフルな歌声を響かせる西川貴教が担当した。

 かねてから親交のあった二人だが、西川自身が念願だったと語る『仮面ライダー』シリーズ主題歌のオファーを受け、西川がJを誘ったことで夢のコラボレーションが実現した。

 同楽曲は、TVサイズ音源の配信を主要配信サイトで開始している。


◎コメント
<西川貴教>
 初代から数えてテレビシリーズ31作目、令和最初の仮面ライダー、新たな歴史の幕開けとなる『仮面ライダーゼロワン』の主題歌を、盟友Jとのタッグで担当させていただけることを本当に嬉しく思います。念願のコラボレーションがようやく実現することになりました。尽力していただいたすべての皆様に心より感謝申し上げます。
 今回の作品にはAIが大きく影響していると伺いましたが、僕も先日、人工知能と人との関係をテーマにした『SINGularity』というタイトルのアルバムをリリースしたばかりでしたので、既に作品との強い縁(えにし)を感じております。
 昭和、平成、令和と3つの世代を跨ぐ新しい世代の新しい仮面ライダー、そして僕自身も引き続き“西川貴教”として新しいアーティスト像を皆様に提示していきたいと思います。僕の無茶苦茶な呼びかけに応えてくれたJと共に、一年お付き合いください。よろしくお願いいたします。

<J>
 男の子なら必ず1度は夢中になるスーパーヒーロー仮面ライダー。その令和最初という記念すべき作品に主題歌を提供できることを大変光栄に思います。そして一緒にやろうと声をかけてくれた盟友、西川にも感謝です!
 西川がパワフルに歌うことを想像しながら、俺たちにしか鳴らせないROCKサウンドを、また新しい仮面ライダーのイメージを創り出すことが出来ればと思いレコーディングしました。作品はもちろんのこと、是非この主題歌も一緒に楽しんでもらえれば嬉しく思います。『ゼロワン』盛り上がっていきましょう!

◎配信情報
「REAL×EYEZ (TVsize)」
2019/9/1 RELEASE

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック