鈴木雅之、“アニソン界の大型新人”としてアニサマ参戦 声優ユニット“スフィア”と異色コラボを披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木雅之、“アニソン界の大型新人”としてアニサマ参戦 声優ユニット“スフィア”と異色コラボを披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
鈴木雅之、“アニソン界の大型新人”としてアニサマ参戦 声優ユニット“スフィア”と異色コラボを披露

鈴木雅之、“アニソン界の大型新人”としてアニサマ参戦 声優ユニット“スフィア”と異色コラボを披露


 鈴木雅之が8月30日、さいたまスーパーアリーナで開催された世界最大のアニソンイベント【Animelo Summer Live 2019 -STORY-】、通称“アニサマ”の初日に初出演した。
その他ライブ画像

 毎年、3日間で8万人超を動員、今年で15回目を迎える“アニサマ”は今年も満員御礼で大盛況の中、鈴木が登場すると地鳴りのような大歓声で迎い入れられた。さらに「アニソン界の先輩であり、クイーン」と紹介した大人気実力派声優ユニット“スフィア”を呼び込み、1曲目から大ヒットとなった「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」(TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』主題歌)をスペシャルコラボレーションで披露。まさかのコラボに、会場のファンは一気にヒートアップした。

 その後、自身の代表曲「違う、そうじゃない」や、TikTokで大きな話題となった「め組のひと」をパフォーマンス。鈴木と息の合ったコーラスワークやダンスで魅了するスフィアと、圧倒的な歌声を届ける鈴木に酔いしれながら観客は一糸乱れぬ振りコピで応戦し、アニソン会場を一気にダンスフロアに変えた。

 ラストに、鈴木は「アニソン界の大型新人、鈴木雅之でした! サンキュー!」と言葉を残し、この日限りの特別なステージをアニソンファンに届けた。


PHOTO:(c)Animelo Summer Live 2019


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい