『8月31日はなんの日?』米英でのレジデンシー公演が控える、ヴァン・モリソンの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『8月31日はなんの日?』米英でのレジデンシー公演が控える、ヴァン・モリソンの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『8月31日はなんの日?』米英でのレジデンシー公演が控える、ヴァン・モリソンの誕生日

『8月31日はなんの日?』米英でのレジデンシー公演が控える、ヴァン・モリソンの誕生日


 8月31日はヴァン・モリソンの74歳の誕生日。

 ヴァン・モリソンは1945年8月31日、北アイルランド・ベルファスト生まれ。1964年にゼムのボーカリストとしてデビュー。「グロリア」(1965年)のヒットなどでブルー・アイド・ソウルの旗手として人気を博し、バンド脱退以降はソロ・アーティストとしてロック、R&B、ジャズ、ポップスなどジャンルの垣根を越え、多数のヒット曲・アルバムを生み出している。

 決して過去の音楽・栄光だけにとらわれることなく精力的に新作を発表し、“現役アーティスト”であることにこだわり続けるモリソン。ソロデビュー50周年の節目を迎えた2017年には『ロール・ウィズ・ザ・パンチズ』『ヴァーサタイル』の2作品を立て続けに発表。そして、昨年も4月にオルガンの巨匠にしてトランペットの達人でもあるジョーイ・デフランセスコとの共演作品『ユーアー・ドライヴィング・ミー・クレイジー』を、12月には通算40作目となるアルバム『ザ・プロフェット・スピークス』と怒濤のリリース・ラッシュを続けた。今年は自身の新作発表こそないものの、9月にリリース予定のロビー・ロバートソンのニュー・アルバム『シネマティック』にゲスト・ボーカリストとして参加。オープニング曲「アイ・ヒア・ユー・ペイント・ハウス」でロバートソンとのデュエットを披露している。

 モリソンは10月よりツアーをスタート。また、2020年1月末から2月にかけて米・ラスベガスのシーザーズ・パレス、3月には英・ロンドンのパラディウムで、それぞれ5日間のレジデンシー公演も予定されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい