高野寛、冨田恵一プロデュースの新AL『City Folklore』リリース決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高野寛、冨田恵一プロデュースの新AL『City Folklore』リリース決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
高野寛、冨田恵一プロデュースの新AL『City Folklore』リリース決定

高野寛、冨田恵一プロデュースの新AL『City Folklore』リリース決定


 高野寛が、冨田恵一プロデュースによる新アルバム『City Folklore』を10月9日にリリースすることが決定した。

 高野はデビュー30周年を迎えた2018年秋、自ら選曲した自身初の3枚組・46曲収録のベスト盤『Spectra』をリリース。その後、2019年1月に【Spectra Special】、5月に【Spectra Harmony】を日本橋三井ホールで開催した。

 多数のゲストと共に開催したこのイベントは、ソロアーティストとして、またプロデューサー、ソングライター、ギタリストとしても活躍してきた高野の幅広い音楽性と、多岐におよぶこれまでのコラボレーションが結実した夜となり、話題となった。

 そして、30周年アニバーサリーの最後は、5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『City Folklore』のリリースが決定。作詞・作曲・ギター演奏以外をプロデューサーである冨田恵一にゆだね、レコーディング開始後は、歌うことに専念している。

 新曲のほか、自身の代表曲でもある「ベステンダンク」の2019ver.や、ハース・マルティネスのカヴァー「Altogether alone」を含む9曲のほか、ボーナストラックとして、新曲のデモver.やライブver.など7曲が収録予定となっている。

 また、アルバムリリースを記念したスペシャルライブとアルバム発売記念ツアーの開催が合わせて発表となった。


◎高野寛 コメント
 ラジオから流れた知らない曲のサウンドが気になって“誰だろう?”と思い調べると、冨田さん(冨田ラボ)のサウンドプロデュースだったことが数回ありました。僕の耳が冨田さんの音に反応しているんだな、と思いました。
 新しいアルバムをひとことで表すならば、“シティポップのサウンドをまとった現代のフォークロア”。限界を突破するために、そして未知の化学反応を期待して、今回は冨田さんに全面的にサウンドプロデュースをお願いすることにしました。
 30周年の締めくくりに、初めての共演から生まれた新しい歌を届けます。

◎リリース情報
アルバム『City Folklore』
2019/10/9 RELEASE
SBST-009 3,000円(tax out.)

◎公演情報
【高野寛アルバム発売記念スペシャルライブ「TOKYO City Folklore」】
2019年12月21日(土)
恵比寿The Garden Hall
OPEN 16:00 START 17:00
チケット:前売6,700円 当日7,200円など ※ドリンク代別

◎ツアー情報
【高野寛アルバム発売記念ツアー「City Folklore」season 1.】
2019年11月15日(金) 大阪・桜ノ宮公会堂
2019年11月16日(土) 岡山・蔭凉寺
2019年11月22日(金) 京都・京都文化博物館 別館
2019年11月23日(土) 愛知・三楽座
2019年11月24日(日) 静岡・天王山 福嚴寺
2019年11月29日(金) 広島・LOG
2019年11月30日(土) 愛媛・愛媛教育会館 講堂
2019年12月1日(日) 香川・umie


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい