PEDRO(BiSHのアユニ・D)、田渕ひさ子が帯同した全国ツアーファイナルで「透明少女」カバー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

PEDRO(BiSHのアユニ・D)、田渕ひさ子が帯同した全国ツアーファイナルで「透明少女」カバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
PEDRO(BiSHのアユニ・D)、田渕ひさ子が帯同した全国ツアーファイナルで「透明少女」カバー

PEDRO(BiSHのアユニ・D)、田渕ひさ子が帯同した全国ツアーファイナルで「透明少女」カバー


 BiSH のアユニ・D によるソロバンドプロジェクトでらうPEDROが、自身初の全国ツアー【DOG IN CLASSROOM TOUR】のファイナル公演を、2019年8月29日に東京TSUTAYA O-EASTで開催した。
その他ライブ画像

 ツアーには全公演、サポートギタリストとして田渕ひさ子 (NUMBER GIRL, toddle)が帯同することでも話題となっており、追加公演として発表された本公演のチケットは即完売。開演前からフロアは超満員となっていた。

 オープニング映像が流れると、黒板などが置かれ教室をモチーフにしたステージにアユニ・Dが犬を連れて登場。アユニ・Dが「これからロックの授業を始める」と雄叫びを上げると「EDGE OF NINETEEN」から本編がスタートし、待ちわびたファンの熱気が頭から最高潮に。そのまま8月28日にリリースになったニュー・アルバム『THUMB SUCKER』と前作『zoozoosea』の楽曲を織り交ぜ、満員のフロアを沸かせ本編は終了。

 アンコールでは、来年の春に全国ツアーを行う予定であることを明かした。そして「ラブというソング」をアンコールで披露すると大円団で公演は終了したかと思われたが、ダブルアンコールが起き3人が再びステージに現れると、セットリストになかったNUMBER GIRL「透明少女」カバーを急遽披露してツアーに幕を下ろした。

Photo by kenta sotobayashi

◎セットリスト
【DOG IN CLASSROOM TOUR FINAL】
2019年8月29日(木)東京 TSUTAYA O-EAST
01 EDGE OF NINETEEN
02 アナタワールド
03 玄関物語
04 NIGHT NIGHT
05 GALILEO
06 ボケナス青春
07 SKYFISH GIRL
08 甘くないトーキョー
09 MAD DANCE
10 ハッピーに生きてくれ
11 NOSTALGIC NOSTRADAMUS
12 ironic baby
13 自律神経出張中
14 ゴミ屑ロンリネス
15 おちこぼれブルース
16 猫背矯正中
17 Dickins
18 STUPID HERO
EN01 うた
EN02 ラブというソング
WEN01 透明少女

◎リリース情報
アルバム『THUMB SUCKER』
2019/8/28 RELEASE
<初回生産限定盤(2CD+Blu-ray+photobook)>
UPCH-29339 10,000円(tax out)
<映像付通常盤(CD+DVD)>
UPCH-20526 5,980円(tax out)
<通常盤(CD)>
UPCH-20527 3,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい