ショーン・メンデス、若者に関連した社会的課題に取り組む基金を発足 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ショーン・メンデス、若者に関連した社会的課題に取り組む基金を発足

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ショーン・メンデス、若者に関連した社会的課題に取り組む基金を発足

ショーン・メンデス、若者に関連した社会的課題に取り組む基金を発足


 ショーン・メンデスが自身の名を冠した基金を立ち上げた。ショーン・メンデス・ファウンデーションでは、彼と共に世界中の若者が学び、ポジティブな変化をもたらすことを目的とし、彼らが情熱を注いでいるテーマを行動に移す方法を見いだす手助けをする。児童医療、サステナビリティ、メンタル・ヘルスとウェルネス、人権、いじめ対策、教育などの若者に関連した社会的課題を支援していく。

 ショーンは声明で、「ショーン・メンデス・ファウンデーションを発足することにとても興奮している。僕は長い間、ファンのみんなと自分が深く気にかけている社会的課題を進展させる方法を見つけて、自分たちの世代の声を聞いてもらえるようにする手助けがしたかった。ファンと一緒に取り組んで、ポジティブな変化のきっかけになるプラットフォームを彼らに提供し、変革をもたらす若者に力を与えるためにできる限りのことをするのが基金を立ち上げた目的だ」とコメントしている。

 同基金の最初のキャンペーンは、カナダのSickKidsと、アーティストのツアーにおける環境負荷を減らす取り組みを支援しているREVERBとのコラボレーションだ。発足した時点でパートナーシップや寄付を通じて100万ドル(約1億円)以上も集まっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい