BJ・ザ・シカゴ・キッド、現代モータウンを代表するソウル・シンガーの来日公演がスタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BJ・ザ・シカゴ・キッド、現代モータウンを代表するソウル・シンガーの来日公演がスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BJ・ザ・シカゴ・キッド、現代モータウンを代表するソウル・シンガーの来日公演がスタート

BJ・ザ・シカゴ・キッド、現代モータウンを代表するソウル・シンガーの来日公演がスタート


 2019年にリリースしたアルバム『1123』を中心に新曲を披露し、ケンドリックラマーやDr.Dreとも共演している実力派ともあり、ファンにとっては最新作を近くで聞けるのは夏休みのない大人たちへのご褒美とも言える。ステージにはギター、ドラムの間にBJの3人。座ってスタンドマイクを両手でつかみ歌っている姿に若くして貫禄のオーラが漂う。
BJ・ザ・シカゴ・キッド 来日公演ショット

 登場するとこれから始まるライブのコンディションを一緒に整えるかのようにコールアンドレスポンス。待ちわびた緊張もほぐれ自然と笑顔へと変わる。響くビートがつま先から頭のてっぺんまでじわじわと、ぞわぞわと伝わる。照明に輝くアクセサリーも、履いている白いスニーカーも一気に雰囲気に呑まれていくように感じたのは、流れていく音、空間の中で声が踊るように響き渡っていくソウルフルな歌声が、聞く人を翻弄するほど魅力溢れていたからだろうか。等身大のステージはMCをする度に音楽を届けながらも、観客会話をしているようにも見えた。

 ステージを降りて観客がいるフロアを歩き回り、1人の女性をステージにあげ、一緒にダンスを披露。盛り上がる観客のボルテージは最上級のままライブは終了。物足りなさを感じる観客からの余熱でステージに姿を見せたBJ。バックのカーテンが開いて外の風景が目に入る中で囁くように歌う姿に、また引き込まれていく。アンコールは手拍子の中で暖かく包まれたステージだった。

 BJ・ザ・シカゴ・キッドの公演は8月30日にビルボードライブ大阪でも開催される。大阪公演ではどんな会話が生まれるのか、またBJと会話のライブを堪能したい。


◎公演情報
【Motown 60th Anniversary presents
BJ・ザ・シカゴ・キッド】
<東京>
2019/8/27(火)※終了
会場:ビルボードライブ東京

<大阪>
2019/8/30(金)
1st Stage Open 17:30 Start 18:30
2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
会場:ビルボードライブ大阪

TEXT: Shiori Imamura / PHOTO: Yuma Totsuka


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい