【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」6.5万DLで首位キープ、水樹奈々10位デビュー

Billboard JAPAN

 2019年9月2日付(集計期間:2019年8月19日~8月25日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、米津玄師の「馬と鹿」が65,432DL(ダウンロード)を売り上げ、首位をキープした。

 前週172,594DLという驚異的な売り上げで首位デビューを果たした「馬と鹿」。今週は、その約半分へセールスが下落したものの、2位に4万DL以上の差をつけて1位の座を死守した。総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では、DLが牽引し、前週から2ランクダウンとなる4位につけている。「馬と鹿」のリリースに後押しされ、前週“Download Songs”6位にランクアップした「Lemon」は8位へと順位を下げたが、カラオケ、動画再生回数が好調なことをうけて、“JAPAN HOT 100”TOP10をキープしている。

 チャートイン6週目にも関わらず21,792DLを獲得し、前週に引き続き、2位となったのはRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」。RADWIMPSは、今週16,711DLを売り上げた「グランドエスケープ feat. 三浦透子」も4位をキープしており、この2曲が収録されたニュー・アルバム『天気の子』は総合アルバム・チャート“Hot Albums”5位、DLアルバム・チャート“Download Albums”3位と今もなお高記録を叩き出している。

 7月31日に先行配信されたmiletの「us」は、同タイトルのフィジカル盤が8月21日に発売されたことをうけて、16位→6位にランクアップ。EP『us』は“Hot Albums”で8位にエントリーしている。

 今週唯一のTOP10初登場曲となったのは、8月25日に配信が開始した水樹奈々「FINAL COMMANDER」。TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』の挿入歌となっている同曲は、集計期間が週末のみだったにも関わらず10,733DLを売り上げた。


◎【Download Songs】トップ10
1位「馬と鹿」米津玄師(65,432ダウンロード)
2位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS(21,792ダウンロード)
3位「宿命」Official髭男dism(21,196ダウンロード)
4位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS(16,711ダウンロード)
5位「Pretender」Official髭男dism(16,540ダウンロード)
6位「us」milet(16,345ダウンロード)
7位「お願いマッスル」紗倉ひびき(ファイルーズあい),街雄鳴造(石川界人)(13,517ダウンロード)
8位「Lemon」米津玄師(13,382ダウンロード)
9位「パプリカ」Foorin(12,760ダウンロード)
10位「FINAL COMMANDE」水樹奈々(10,733ダウンロード)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック