INTERSECTION、ミッチェル和馬の渡米前ラストライブを開催 涙を流しながら肩を組むシーンも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

INTERSECTION、ミッチェル和馬の渡米前ラストライブを開催 涙を流しながら肩を組むシーンも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
INTERSECTION、ミッチェル和馬の渡米前ラストライブを開催 涙を流しながら肩を組むシーンも

INTERSECTION、ミッチェル和馬の渡米前ラストライブを開催 涙を流しながら肩を組むシーンも


 INTERSECTIONが8月24日にMAGNET by SHIBUYA109屋上イベントスペースにて、フリーのアルバムリリースイベントを開催した。
その他画像

 本イベントは、500人限定というプレミアム公演ということもあり、早朝から入場券を求めるファンが殺到。メンバーのミッチェル和馬が出演するAbema TV『オオカミちゃんには騙されない』を見てファンになったという女性の姿も多く見られた。

 ステージでは、8月21日にリリースしたばかりの1stアルバム『INTERSECTION』から、YouTubeで300万再生を超えるリード曲「You’re the Reason」、最新シングル「Who Do You Love」、TVアニメ『フルーツバスケット』のエンディング主題歌「One Step Closer」など計8曲を披露、訪れたファンを熱狂させた。

 なお、この日は大学進学のために渡米するミッチェル和馬の渡米前ラストライブ。グループ結成から4年を経ての念願のアルバムリリースということと、日本を離れアメリカに旅立つという一時的な別れに、思わず感極まる場面も。ミッチェル和馬は、「今日は悲しいお知らせがあります。僕はもうすぐ渡米します。なので、ファンのみなさんと会える機会が少なくなってしまうかもしれないけど、僕はINTERSECTIONのメンバーだし、本当にみんなのことが大好きです」と涙ながらにコメントし、そんな和馬を支えるように、メンバー全員で涙を流しながら肩を組む姿が印象的であった。

 また、ライブの模様は、YouTubeとLINE LIVEでも中継され、国外のファン含め約5万人が視聴。そしてアルバム収録曲「Hot Water」のミュージックビデオが今週解禁されることも発表された。さらに、INTERSECTIONの最新ヴィジュアルも公開に。最新ヴィジュアルは、Instagramで37万人のフォロワーを持ち、村上隆、KAWSなど数多くの著名人や有名ブランドの撮影で世界を飛び回る、新進気鋭のフォトグラファー、RKが撮影を務めている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい