オバマ前米大統領がサマー・プレイリストを公開、リル・ナズ・X/ショーン&カミラ/リゾら収録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オバマ前米大統領がサマー・プレイリストを公開、リル・ナズ・X/ショーン&カミラ/リゾら収録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
オバマ前米大統領がサマー・プレイリストを公開、リル・ナズ・X/ショーン&カミラ/リゾら収録

オバマ前米大統領がサマー・プレイリストを公開、リル・ナズ・X/ショーン&カミラ/リゾら収録


 大の音楽好きとして知られ、センス抜群のプレイリストを度々公開しているバラク・オバマ前米大統領が、新たなプレイリストをSNSに投稿した。

 『サマー・プレイリスト2019』と題されたこのプレイリストは、今夏オバマ夫妻が聴いていた楽曲の中から44曲がセレクトされており、キャプションには「夏が終わりに近づく中、ミシェルと私が聴いているものを一部紹介したいと思う―最新の曲もあれば古いものもあるし、(テンポの)速いものもあれば、ゆっくりなものもある。楽しんでくれれば嬉しい」というメッセージが添えられている。

 プレイリストには、全米で異例の大ヒットを記録し、今夏を代表する楽曲となったリル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」をはじめ、ショーン・メンデスとカミラ・カベロによるセクシーなデュエット「セニョリータ」、映画『ライオン・キング』のインスパイア―ド・アルバム『ザ・ギフト』からビヨンセ、ジェイ・Z、チャイルディッシュ・ガンビーノによる「MOOD 4 EVA」など最新のナンバーから、ヴァン・モリソンの「ブラウン・アイド・ガール」、ローリン・ヒルの「ドゥー・ワップ(ザット・シング)」やスティーヴィー・ワンダー「くよくよするなよ!」(Don't You Worry 'Bout a Thing)などの名曲が収録されている。

 プレイリストが公開される直前に「私が初めて投票することができた大統領はオバマだった。自分の選挙権を心から誇りに思っていたし、そのありがたみを忘れることはない。私たちのことを愛している。(次の大統領選で)まだ誰に投票するかは決めていないけれど、それがトランプでないのは確か」と投稿していたリゾは、「ジュース」がプレイリストにセレクトされたことに気づくと「この1時間後に@barackobama大統領が私についてツイートしてくれた!!!私たちはもう友達だ、私がルールを作ったんじゃない!!!“ジュース”をストリーミングして!!!」と興奮した様子でコメントしている。

 また「バーニング」が選ばれたマギー・ロジャーズは、「休暇、SNS断ちを中断して@barackobamaに関するこの重大なニュースを伝えたい」とコメントし、甲高い悲鳴をあげる動画を公開。そして、BJザ・シカゴ・キッドとのコラボ「フィール・ザ・ヴァイブ」と故マック・ミラーとタッグを組んだ「ダング!」の2曲がチョイスされたアンダーソン・パークは「冬のプレイリストには“Make It Better”を入れてくれよ」とコメントしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい