YOSHIKI、自身最多となるディナーショー全12公演 右手靭帯を損傷しながらも完走 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

YOSHIKI、自身最多となるディナーショー全12公演 右手靭帯を損傷しながらも完走

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
YOSHIKI、自身最多となるディナーショー全12公演 右手靭帯を損傷しながらも完走

YOSHIKI、自身最多となるディナーショー全12公演 右手靭帯を損傷しながらも完走


 YOSHIKIが、グランドハイアット東京でディナーショー【EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO】を、自身最多となる7日間12公演開催した。
YOSHIKI その他画像

 本公演期間中には、 ファンとの触れ合いにより右手首靭帯の状態が悪化したことが明らかになり、 11日の公演以降、 ファンへの注意を促すアナウンスが行われる異例の事態に。 そのため一時は公演の続行を心配する声も多く上がったが、医師の指導のもと全公演を見事完走した。

 8月25日に最終公演のステージに立ったYOSHIKIは、 冒頭MCから「12公演目を迎えることができて、 今から泣きそうです。 」と、 感無量な様子。最後には「バンドを解散してミュージシャンを辞めようと思ったときも、 みんなが無条件に応援してくれたから、 今もこの舞台に立つことができています。 第二の人生をくれて、 本当にありがとうございます。 生きるからには、 世界の壁を、 俺らしくぶち壊してやろうと思ってます!」と涙を浮かべながらも力強く、 ファンに向けてステージに立てる事の喜びと感謝を口にした。

 今年で6年目となった本公演は、YOSHIKIのこだわりが細部にまで詰まった、 まさに“ディナーショーの定義を覆す”プレミアムなショー。天皇陛下御即位十年奉祝曲「Anniversary」や「ENDLESS RAIN」など名立たる名曲に加え、新曲も初披露。 まだ発表されていない映画関連の楽曲であることも明かされた。

 生演奏以外にも、 YOSHIKIMONOの新作ファッションショーや、 牧阿佐美バレエ団とのコラボレーションに、 現在撮影中の自身のドキュメンタリームービー『Death Wish』のティザー映像も公開されるなど、盛りだくさん。YOSHIKIMONOにおいては、モデルが着用した新作について触れながら「近いうちに発表がある」とほのめかす場面も見られた。

 また、 yoshikittyは19曲にまで増やしてきたというピアノの演奏レパートリーの中から、 「Rusty Nail」、 「Tears」、「WEEK END」など公演ごとに異なる楽曲を披露。 さらに“空中ドラムソロ”では、 ドラム台がせり上がるという、 まるで東京ドームのライブを彷彿とさせる驚きの仕掛けで観客の度肝を抜いた。 さらにX JAPANの代表曲「紅」では、ファンが照らす携帯のライトに包まれる中、会場一体となり大合唱が起こる場面も。レーザーや、このショーのために会場に特別に設置されたライティングが飛び交う幻想的な空間で、ストリングスの音色と海外から来日したゲストボーカリストたちがステージに花を添えた。

 そして、毎年恒例となったチャリティーオークション。先日も、 京都アニメーションに対して1,000万円の寄付を行うなど、 YOSHIKIは「人を助けることで自分も救われる」と、チャリティーには強い想いを持っており、 長年のライフワークとして国内外問わず精力的に活動を続けている。今年のチャリティーオークションでは、全36点の自身の私物を出品。2日目の昼公演に登場したアレキサンダー・マックイーンのストール1点は、過去6年行われてきたオークションの中でも史上最高額となる530万円で落札された。 今年全12公演の落札総額は、過去最高額となる67,350,000円を記録し、YOSHIKIが運営する、 米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて全額寄付される。またこれまでに開催されたチャリティーオークションの落札総額は237,070,000円にものぼっている。

 会場には今年も多くのVIPゲストが来場。アニメ『進撃の巨人』の主題歌「Red Swan」をはじめとしたコラボレーションをともにするHYDEもディナーショーを楽しみ、 「セットにここまでお金を掛けて大丈夫なんでしょうか」「このディナーショーは想像を絶している。 ここまでやる人はいない!」と大絶賛した。 ほかにも山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長)や、 楽天株式会社三木谷浩史代表取締役会長兼社長、ハリウッドからも映画『アクアマン』プロデューサーのピーター・サフラン氏、 Disney関係者、 ベンチャー企業の経営者達など、 国内に限らず世界各国からゲストが集まり、YOSHIKIのディナーショーを堪能した。 さらに、アジアやヨーロッパなど海外からのファンも数多く訪れており、YOSHIKIは公演中のMCをほぼすべて日本語と英語の2か国語で行った。

 また公演ごとに変えられたコース料理や会場装飾もYOSHIKIが監修。グランドハイアット東京のアンドレアス・フックス総料理長から、その公演のテーマ楽曲とそれにインスパイアされたコース内容について説明も行われた。 さらにYOSHIKIが手掛けるワイン「Y by Yoshiki」の新作も提供され、 現在入手困難な幻のワインを味わったファンからは、 多くの絶賛の声が寄せられた。



◎公演情報【EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO】
2091年8月9日~25日 全12公演
グランドハイアット東京 ボールルーム


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい