【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ5週連続1位、WANIMA/ミセス/Aimerが上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ5週連続1位、WANIMA/ミセス/Aimerが上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ5週連続1位、WANIMA/ミセス/Aimerが上昇

【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ5週連続1位、WANIMA/ミセス/Aimerが上昇


 2019年8月26日付(集計期間:2019年8月12日~8月18日)の“JAPAN Hot Animation”チャートで、『天気の子』よりRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」が1位に輝いた。

 当週で5回目の首位を獲得した「愛にできることはまだあるかい」は、前週と変わらずラジオオンエア、ダウンロード、動画再生の3指標で1位を記録。他指標ではTwitter 5位、カラオケ2位で、全体的なポイントは減少しているが、動画再生とカラオケでは前週を上回るポイントを稼いでいる。同じく『天気の子』よりRADWIMPSの「グランドエスケープ feat. 三浦透子」は前週から引き続き2位に。こちらはラジオとカラオケのポイントが前週のそれを上回っている。夏休みやお盆休みでカラオケを訪れたユーザーがこれらの曲を歌ったことがポイント増加の一因と思われる。『天気の子』は他にも「大丈夫」が9位、「祝祭 feat. 三浦透子」が16位、「風たちの声」が20位にチャートインしている。

 3位は、映画『ONE PIECE STAMPEDE』の主題歌のWANIMA「GONG」。ラジオ3位、ストリーミング3位、ダウンロード7位、Twitter 12位、動画再生6位で前週7位から大きく順位を上げた。Twitterを除く他4指標でポイント上昇を見せており、興行収入30億円を突破した映画のヒットに加え、12日の【ROCK IN JAPAN FES 2019】、16日の【SUMMER SONIC 2019】そして17日の【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO】と大型フェスへ立て続けに出演したことで、コアファンのみならず、新しい層にもリーチしていることが分かる。映画とデジタル領域の両面ヒットというこのセットは、本チャートで長くチャートインする傾向があるため、「GONG」の動向にも注目だ。

 4位には、こちらも好調なMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」(TVアニメ『炎炎ノ消防隊』オープニング)がチャートイン。10月2日の4thアルバム・リリースに向けた先行配信が始まって以降、ストリーミングではほぼ変わらないポイント数を稼いでおり、当週は動画再生のポイント増加により、前週より一つ順位を上げて4位に入った。

 5位には、TVアニメ『ヴィンランド・サガ』のエンディング曲であるAimerの「Torches」がチャートイン。本曲を収録したニュー・シングル『Torches』が8月14日にリリースされ、CDセールスとPC読み取り回数のルックアップ、ラジオで2位、ダウンロード11位、Twitter 6位を記録して、先行ダウンロードのポイントで入っていた前週20位から大幅なジャンプアップを見せた。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS
2位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
3位「GONG」WANIMA
4位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
5位「Torches」Aimer
6位「ハルノヒ」あいみょん
7位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
8位「お願いマッスル」紗倉ひびき(ファイルーズあい),街雄鳴造(石川界人)
9位「大丈夫」RADWIMPS
10位「紅蓮華」LiSA


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい