デイヴ・グロール、結成10周年を迎えるゼム・クルックド・ヴァルチャーズ再結成の可能性について語る

Billboard JAPAN

 2009年に結成されたフー・ファイターズのデイヴ・グロール、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミ、レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズによるスーパーグループ、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ再結成の可能性について、デイヴが最新インタビューにて語った。

 英ガーディアン紙の取材に応じたデイヴは、「厳密にまだ俺たちはバンドだ」と話し、「俺たちは10年に一度練習するが、もうすぐまた10年になるだろう?俺から明かせる公式なニュースはないが、いつだって何かある」と可能性を否定しなかった。

 さらにデイヴは、ジョーンズと演奏するのが怖かったことを明かしており、「ソファでリラックスしていると、彼がレッド・ツェッペリンに所属していた時のこと考えないこともある。けれど一緒に演奏し始めた途端に、この男と比べたら、自分は音楽界における塵であることを気付かさせられる」と説明している。

 ゼム・クルックド・ヴァルチャーズが、リリースした唯一のアルバムは、今年11月に10周年を迎えることとなる。

 なおジョーンズは、新たなプロジェクト“Sons of Chipotle”を率いて9月に来日公演を行うことが発表されている。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック