BiS、初ワンマンライブで新メンバーオーディション発表「生半可な気持ちで応募しないで」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BiS、初ワンマンライブで新メンバーオーディション発表「生半可な気持ちで応募しないで」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BiS、初ワンマンライブで新メンバーオーディション発表「生半可な気持ちで応募しないで」

BiS、初ワンマンライブで新メンバーオーディション発表「生半可な気持ちで応募しないで」

8月14日にメジャーデビューを飾った新生BiSが8月18日、東京・中野heavysick ZEROで初のワンマンライブ【THiS is BiS】を開催した。

 2019年6月11日に第3期BiS始動が発表され、8月4日にTOKYO IDOL FESTIVAL2019でのサプライズ初パフォーマンスと怒涛の勢いで活動がスタートしたBiSの初ワンマンライブということもあり、会場には15倍にも及ぶチケット競争率をくぐり抜けた研究員が集結した。

 開演に先立ち、BiSマネージャー渡辺淳之介によるMCが行われ、BiS3か条が改めて発表された。

 「その1.新生アイドル研究会BiSのファンの総称は"研究員"と言います。BiSは、アイドルが好きでアイドルになりたくてアイドルを研究する四人組です。その2.ライブの写真撮影はOKです。録画録音は禁止となってます。その3.ダイブ・リスト・サーフ・脱衣等の危険行為は禁止です。後は、ジ・ユ・ウです。みなさんと手を取り合って真剣に研究していきたいと思います。
研究員とともに武道館を目指しますので一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。まもなくBiSの初ワンマンライブが始まります。ここにいる皆さんが幸せなのか不幸なのかちょっとわかりませんが、今日ここでBiSを見たんだ!と自慢できるようにこれからやっていきますので宜しくお願いします!」

 そして、BiS3度目のストーリーの幕が上がる。

 BiSが登場すると、挨拶代わりの「thousand crickets」のイントロが鳴り響く。ライブスタートからメンバーと研究員が一体となり、熱狂のライブがスタートした。

 「thousand crickets」は、第1期・第2期BiSの楽曲「パプリカ」を継承した超絶肉体派楽曲で振り付けが、“ラジオ体操”、“ヘッドバンキング”、“スクワット”と変化し、身体を酷使する。序盤から全員が汗だくになると、会場の湿度が高まる中、続く楽曲も「thousand crickets」。歓喜のような絶叫がこだましながら、会場も踊り狂っていく。結果、3曲連続での「thousand crickets」披露となり、BiSメンバーもWACKの洗礼を浴びせられた、この瞬間にBiSが走り始めた感覚が脳内を支配し、ライブの熱狂度は増していく。

 ここで、8月14日にリリースしたアルバム「Brand-new idol Society」のリード曲で“モザイクMV”、“無修正MV”としても話題になった「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」をパフォーマンス。会場の空気は一転し、極上のエモ空間が広がる。

 ライブ中盤には、「this is not a love song」をパフォーマンス後、「初めまして私たち、新生アイドル研究会BiSです!」と自己紹介を挟み、「1,2,3!!!」「少年の歌」といった攻撃的ロックチューンを投下する。研究員のボルテージが最高潮に達し、場内はお祭り騒ぎとなる。

 その後、見る者の心を揺さぶる「リフレイン」などの楽曲とアッパーで思わず躍ってしまう「teacher teacher teacher」といった楽曲が投下され、心身ともにBiSが創り出す世界観に魅き込んでいった。「SURRENDER」では、メンバー、研究員ともに感情が爆発した。

 その後、研究員に向け、各メンバーからの想いを伝えた。

 イトー・ムセンシティ部は、「私は、いつからか自分のことが好きになれなくなってました。自分が言うこと、することが裏目に出てしまい、空気を読めずにいることが多くて人と関わるのも怖くなっていきました。好きだったアイドルに対しても顔がいいからとかふざけんなとも思うようになりました。でも、アイドルに対する憧れは捨てきれなくて、自分が幸せだと感じることができる場所が欲しくて、アイドルになりたいと思うようになりました。私はBiSでは本気で、本心で立ち向かっていきたいと思います。」

 トギーは、「私は、今までBiSに憧れてたし、世界を変えたいってカッコイイって思ってたから自分はBiSになりたいんだと思ってました。でも、違ってたかもしれません。もっと人に必要とされたいとか好きになってほしいと思っている自分に気がつきました。承認欲求とかはないと思ってたけどめちゃめちゃあることに気づきました。もっとみんなから必要だと思ってもらえるようにこれから頑張っていきます。」

 チャントモンキーは、「私は子供の頃から夢見がちな性格で、漫画にハマったら漫画家になりたい。チャットモンチーに憧れたらバンドマンになりたいと思ってました。でも、全部諦めてしまって、もうこのまま就職するんだろうなと思ってただ音楽を聴いてました。アイドルは興味もなく、顔が可愛かったら見るくらいの、距離のある存在でした。でも、WACKのグループを初めて見たとき初めて"顔じゃない"と思いました。初めてパフォーマンスに惹かれてカッコイイと思って、それが憧れに変わっていきました。人生が変わるかなと思って、いつもの夢見がちな子になって、BiSのオーディションを受けました。今までバンドマンやアイドルになる夢は正直イタイと思って誰にも言えませんでした。私はBiSで夢を見ることがイタイことじゃなかったと言えるようにBiSをやっていきたいです。」

 ネオ・トズリーズは、「私は人も信用できなくなり、生きている心地がしない。“生きる”って何?というところまでいってしまった時期もありました。その中で唯一音楽が好きでした。WACKを知ってから音楽を聴くよりも歌うことが大好きになっていって、WACKで歌いたいと強く思うようになりました。どん底の人生から、今は今の時代に生きていて良かったと思うようになってきています。これからBiSとしての自分を記憶して生きていきたいです。」と涙ながらに語った。

 MCを終えると、チャントモンキーの「盛り上がっていきましょう!」の発声とともにラストの「LET'S GO どうも」に突入した。今後の武道館という夢に向かい、全17曲を走り抜けた。

 興奮が冷めやらぬ研究員からはアンコールコールが大合唱されると、メンバーが再登場すると、轟音の「STUPiD」が流れ、三連続「STUPiD」でアンコールを締めた。

 ライブ終了後には、再度渡辺淳之介が登場すると「今日はありがとうございました。みなさんに報告があります。BiS、オーディション開催します。ただ、BiS4人、最高だったじゃん。なので、生半可な気持ちで応募しないでください!」とアナウンスした。


写真クレジット: sotobayashi kenta



◎初ワンマンライブ【THiS is BiS】セットリスト
1.thousand crickets
2.thousand crickets
3.thousand crickets
4.BiS-どうやらゾンビのおでまし-
5.BiS3
6.this is not a love song
7.1,2,3!!!
8.少年の歌
9.absolutely meeeeee!!
10.Good bye
11.リフレイン
12.strawberry girl
13.kAsAbutA
14.teacher teacher teacher
15.ナンデスカ?
16.SURRENDER
17.LET'S GO どうも
EN1.STUPiD
EN2.STUPiD
EN3.STUPiD


◎BiS新メンバーオーディション詳細
応募資格:
18~28歳までの女性。
経験不問。特定のレコード会社、プロダクションと契約のない方。
現在所属の方は8月30日までに事務所等契約解除通知が証明できる方。
第1期BiSの活動が理解できる方。

応募方法:
audition@wack.jpまで
件名に[BiS新メンバーオーディション応募]と記入
本文に名前、年齢、身長、体重、住所、緊急連絡先を明記の上、
写真2枚(全身・顔正面アップ各1枚=3ヶ月以内に撮影したもの)を添付して送付

お問い合わせ先:
info@wack.jp
合否に関するお問い合わせには応じられません。

1次締切:
2019年8月30日
※一次締切前に審査は先行して行い、決定された場合は
2次締切の方はオーディションを行いませんのでご注意ください

2次締切:
2019年9月10日

選考:
第1次審査=書類メール審査(合格者のみ通知 電話に出れるようにしてください)
第2次審査=面接数回により決定


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい