デイヴ・グロールからライブ中に呼ばれた車椅子のファン、クラウドサーフィンしながらステージに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デイヴ・グロールからライブ中に呼ばれた車椅子のファン、クラウドサーフィンしながらステージに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
デイヴ・グロールからライブ中に呼ばれた車椅子のファン、クラウドサーフィンしながらステージに

デイヴ・グロールからライブ中に呼ばれた車椅子のファン、クラウドサーフィンしながらステージに


 現地時間2019年8月13日、ハンガリー・ブダペストで開催された【Sziget Festival】に出演したフー・ファイターズのデイヴ・グロールが、ライブ中に車椅子の男性をステージ上に招いた。

 曲の合間に、仲間によって持ち上げられている、この男性を発見したデイヴは、「レディース&ジェントルメン、そしてその車椅子の男性にも言いたいことがある」と前置きし、「そこにいる彼こそが、今日のショウのスターだ。ねー、君!質問があるんだ。こっちに上がってきて、ここからショウを見たいか?こっちに上がって来たいか?そいつを今すぐここまで運んできてくれよ。カモン、ショウを見に来いよ」と男性に呼びかけると、観客から大きな歓声が上がった。

 この日、ステージに招待された“VIP”は彼だけではなく、「それから、こういうのはどうだ?シャボン玉の女の子、まだシャボン玉はあるか?シャボン玉ガールどこだ?シャボン玉ガールとそこの(車椅子の)男性に、すぐにここに来てほしい―ステージに上がって来いよ」とシャボン玉を吹いていた女性も呼んだ。

 観客にアシストされ、椅子の男性がクラウドサーフィンしながらステージに到着するとデイヴは、彼とシャボン玉ガールに長いハグをして、シャボン玉ガールに向かって「君は(ドラマーの)テイラー・ホーキンスの隣に座ってくれ。そして次の曲を演奏してる間にシャボン玉を吹いてくれ」と指示した。

 するとバンドは、「Everlong」のパフォーマンスに突入し、ショウのフィナーレを飾った。そしてデイヴが演奏終了後に男性に自分のギターを投げつけるように伝えると、男性は堂々とギターを振り下ろした。

 フー・ファイターズのツアーは、17日に行われるスコットランド・グラスゴーの【Summer Sessions】へと続き、23日には【レディング・フェスティバル】、25日には【リーズ・フェスティバル】でヘッドライナーを務める。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい