【米ビルボード・ソング・チャート】リル・ナズ・Xが首位独走、アリアナ&ソーシャル・ハウス新曲8位デビュー

Billboard JAPAN

 リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード feat.ビリー・レイ・サイラス」が、歴代最長19週目のNo.1に輝いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2週前の8月3日付チャートで、マライア・キャリー&ボーイズIIメンの「ワン・スウィート・デイ」(1995年) と、ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」(2017年)のもつ16週を上回る、歴代最長の首位獲得17週を記録した「オールド・タウン・ロード」。徐々に勢いは落ちてきているものの、その後もほぼ独走状態でトップを維持し、遂に今週、通算19週目の1位獲得を果たした。

 ストリーミングとセールスの両チャートでも1位をキープしたが、ストリーミング・チャートでは前週から13%減の週間5,880万試聴、デジタル・ソング・セールス・チャートでも、28%減の34,000ダウンロードまで落ち込んでいる。19週目の首位獲得にして、これだけの数字を維持しているのは快挙だが、下位からの楽曲、もしくは初登場の新曲が記録を破れる範囲までは主要ポイントが減少している。エアプレイ・チャートでは、17位から21位までダウンした(週間3,850万回)。

 R&B/ヒップホップ・チャートでは、ドレイクの「ワン・ダンスfeat.ウィズキッド&カイラ」(2016年)がもつ18週を打ち破り、歴代トップに浮上。ラップ・チャートでも、ドレイクの「ホットライン・ブリング」(2015年)、イギー・アゼリアの「ファンシーfeat.チャーリーXCX」(2014年)、ミッシー・エリオットの「ホット・ボーイズfeat.リル・モー、ナズ、イヴ、Qティップ」(1999年)の18週を超える記録更新となった。なお、ラップ・チャートはヒップホップが流行り始めた1989年3月より集計がスタートしている。

 2019年のソング・オブ・サマーでも11週目の首位獲得を果たし、今夏最大のヒットを記録している「オールド・タウン・ロード」。同じくして通算9週目の2位をキープしたビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」は、ストリーミング・チャートで2位から4位に(週間3,560万視聴)、セールス・チャートでは5位から7位に(週間18,000ダウンロード)それぞれダウンしたが、エアプレイが好調で、週間9,470万と好記録を打ち出し、先週の4位から3位へランクアップした。ポップソング・エアプレイ・チャートでは自身初のNo.1獲得を果たしている。

 「オールド・タウン・ロード」 と 「バッド・ガイ」のポイント比率は1.2対1ほどまで縮まっていて、「バッド・ガイ」のエアプレイがこのまま上昇すれば首位略奪の可能性もないとはいえないが、ストリーミングとセールス・ポイントが落ちてきているため、難しい状況ではある。一方、今週も3位を維持したショーン・メンデスとカミラ・カベロのデュエット曲「セニョリータ」と、4位にランクインしているリゾの「トゥルース・ハーツ」は、各ポイントが上昇中ということもあり、首位獲得の可能性を高めている。

 今週の8位に初登場したのは、アリアナ・グランデとソーシャル・ハウスによるコラボ・ソング「ボーイフレンド」。8月2日にリリースされた同曲は、週間31,000ダウンロードを獲得し、デジタル・ソング・セールス・チャートで2位に、 2,590万試聴を記録してストリーミング・チャートで7位に、エアプレイ・チャートでは40位に(週間2,460万回)それぞれデビューした。同日にはミュージック・ビデオも公開されていて、10日間で約4,600万再生を記録している。

 アリアナ・グランデは、今年最高2位を記録した「ブレイク・アップ・ウィズ・ユアー・ガールフレンド・アイム・ボード」に続く通算14曲目のTOP10入り。TOP10に初登場した曲としては10曲目で、ドレイクの20曲、テイラー・スウィフトの15曲、エミネムの12曲、リル・ウェインの11曲に次ぐ歴代5番目の記録となる。ソーシャル・ハウスにとっては、初のTOP10入り。なお、「ボーイフレンド」というタイトルがTOP10入りするのは、2012年に最高2位をマークした、ジャスティン・ビーバーの同曲以来、2度目となる。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、8月16日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「オールド・タウン・ロードfeat.ビリー・レイ・サイラス」リル・ナズ・X
2位「バッド・ガイ」ビリー・アイリッシュ
3位「セニョリータ」ショーン・メンデス&カミラ・カベロ
4位「トゥルース・ハーツ」リゾ
5位「トーク」カリード
6位「ノー・ガイダンス」クリス・ブラウンfeat.ドレイク
7位「アイ・ドント・ケア」エド・シーラン&ジャスティン・ビーバー
8位「ボーイフレンド」アリアナ・グランデ&ソーシャル・ハウス
9位「グッバイズ」ポスト・マローンfeat.ヤング・サグ
10位「Ran$om」リル・テッカ

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック