エンド・オブ・ザ・ワールド、クリーン・バンディット参加の「ロスト」MVを公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エンド・オブ・ザ・ワールド、クリーン・バンディット参加の「ロスト」MVを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エンド・オブ・ザ・ワールド、クリーン・バンディット参加の「ロスト」MVを公開

エンド・オブ・ザ・ワールド、クリーン・バンディット参加の「ロスト」MVを公開


 2019年7月26日にリリースされ、日本を含む全世界7か国でトップ10入りを記録したエンド・オブ・ザ・ワールドの新曲「ロスト」のミュージックビデオが公開された。

 エンド・オブ・ザ・ワールドはSEKAI NO OWARIがグローバル展開を目的として取り組む新しいプロジェクトで、その新曲には、かねてから彼らと親交があった英人気エレクトロ・ユニットのクリーン・バンディットをフィーチャリングしている。このMVの監督を務めたのは、水曜日のカンパネラ、Koji Nakamura、米津玄師、KID FRESINO、サカナクション等のミュージック・ビデオを手掛けた映像作家・映画監督の山田智和氏。山田氏は【MTV VMAJ 2018】で<最優秀ビデオ賞>、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019】においては最も優れたミュージックビデオ・ディレクターに授与される<BEST VIDEO DIRECTOR>の受賞歴もある。

 広大で美しいアイスランドで撮影された同MVは、「I didn’t call out never said SOS /Don’t even know who i was saving my flare for(声を張りあげたことも 助けを求めたこともなかった/この胸の炎は誰のためだったのか それすらわからない)」「each lonely winter turning the gas back up / to thaw my heart in the frost(孤独な冬が訪れるたび その熱を取り戻して凍てつく空気に凍える心を溶かそうとしている)」といった歌詞に寄り添った内容で、自然の中に佇み歌うFukaseの存在がとても際立つ壮大で美しい映像に仕上がっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい