ポスト“One Direction”大本命! 日本発のボーイズグループ・INTERSECTIONとは

Billboard JAPAN
 近年、ボーイズグループ・シーンが盛り上がりを見せている。Why Don't WeやPRETTYMUCH、In Real Lifeに代表されるポスト“One Direction”の台頭や、CNCO、BTSといった非英語圏グループがワールドツアーを行うなど、世界規模でムーブメントが巻き起こっている。そんななか、『ポスト“One Direction”の大本命』と言えるボーイズグループが日本にいることはご存じだろうか。

 INTERSECTIONは、橋爪ミカ、ミッチェル和馬、青山ウィリアム、モリアティー慶怜の4人からなるボーイズグループ。メンバー全員が日米ハーフ、1998年~2001年生まれのZ世代だ。それぞれ日本とアメリカ両方のバックグラウンドを持ちつつも、出身はニューヨーク、カリフォルニア、ハワイ、キューバとバラバラ。小学生の頃から日本に住むメンバーもいれば、活動が決まってから日本に来たメンバーもいたりと、経歴は大きく異なる。そんな4人が2015年に出会い、グループを結成。2018年にシングル「Heart of Gold」でデビューを果たす。その後、配信リリースやイベントへの出演を重ね、今年1月には、YouTubeが選ぶ2019年のブレイク期待アーティスト<Artists to Watch>にも選出された。

 彼らが活躍を期待される理由の一つに、そのクリエイティビティがあるだろう。結成当初よりメンバー全員が作詞作曲、アートワーク、MVディレクションの制作に携わっており、自身の魅力を余すことなく発信している。あらゆるカルチャーを横断してきた4人だからこそ、既存の枠にとらわれない等身大の表現ができるのだ。

 8月21日にリリースされる1stアルバム『INTERSECTION』でも、収録される楽曲の半数近くでメンバーが作詞曲を手掛けている。なかでも特筆したいのが、今年6月に配信がスタートした「You're the Reason」だ。同曲は、2016年にメンバーの青山ウィリアムがBackstreet Boys、Jonas Brothersなどを手掛けるZack Skelton & Casey Smithと共に制作。今年に入り、既発曲はすべて英語詞だった彼らが、『誰でも聞けるような曲を作りたい』と初めて日本語詞を付け加え、再レコーディングした楽曲だ。YouTubeにアップされたMVには、日本はもちろんのこと、様々な国のリスナーからコメントが寄せられており、再生回数は早くも300万再生を突破。INTERSECTIONのボーダーレスな作風と人気を象徴するような一曲になっている。

 アルバムには他にも、テレビアニメ『フルーツバスケット』EDテーマとしてウィリアムが書き下ろした「One Step Closer」や、「Who Do You Love」「Love Alone」といった今まで以上に大人っぽい印象の楽曲、そしてグループとして初めてリリースされた「Starting Over」も収録。彼らのポテンシャルを十二分に感じられる一作と言えるだろう。

 さらにINTERSECTIONは、東京ガールズコレクションのオープニング・アクトや、ディオールの新作コレクションでショーゲストを務めるなど、ファッション・エンタメ業界からも注目を集めている。メンバーのインスタグラムもそれぞれ1.9万人以上のフォロワーを獲得しており、特にメンズノンノモデルとしても活躍するミッチェル和馬は、Ameba TVの人気恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』出演後、大反響を受け、現在8万人のフォロワーを有している。

 この夏は【SUMMER SONIC 2019】【a-nation 2019】といった大型フェスへの出演も決定しており、ますます熱い視線が注がれること間違いなしのINTERSECTION。彼らの持つオルタナティブな魅力は、国内問わず、ますますクローズアップされるだろう。


◎リリース情報
アルバム『INTERSECTION』
2019/8/21 RELEASE
<トラックリスト>
1. You’re the Reason
2. Body Language
3. Falling
4. Lost Boy
5. Twisted
6. Who Do You Love
7. Hot Water
8. Love Alone
9. Heart of Gold
10. One Step Closer
11. Starting Over

◎ライブ情報
【“INTERSECTION 1st ALBUM Release Party” at MAGNET by SHIBUYA109】
2019年8月24日(土)
東京・渋谷MAGNET by SHIBUYA109 屋上イベントスペース

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック