桜井日奈子、自身主演ドラマの主題歌を担当「気持ちよく歌うことができました」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桜井日奈子、自身主演ドラマの主題歌を担当「気持ちよく歌うことができました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
桜井日奈子、自身主演ドラマの主題歌を担当「気持ちよく歌うことができました」

桜井日奈子、自身主演ドラマの主題歌を担当「気持ちよく歌うことができました」


 桜井日奈子が、自身主演のFODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌を担当する。

 二重人格の主人公・小沢裕美(オザワ・ヒロミ)を演じる桜井日奈子が歌唱、楽曲プロデュースをMY FIRST STORYのShoが担当した楽曲のタイトルは「花と毒薬」。ジャケット写真にもなっているヒロミのもう一つの人格・不良少女のユミが、様々なしがらみに縛られながらも、それに抗う心の叫びを表しているようなハードなロックナンバーとなっており、「鍵をかけて暗い闇に閉じ込めても 私は縛れない」など、ドラマのストーリーを象徴するような歌詞が要所要所に散りばめられた。桜井日奈子の力強くもクリアな歌声でドラマの世界観を表現している。

 なお、楽曲は8月16日に配信リリースとなる。



◎桜井日奈子 コメント
初めて二重人格を演じた特別な作品で、まさか私が主題歌を歌わせていただけるなんて驚きでした。ユミの想いが詰まった歌詞とメロディのおかげで、歌は得意ではないですが、感情を込めて気持ちよく歌うことができました。とても貴重な体験をさせていただきました。私に歌わせてくださった全ての関係者の皆様に感謝したいです。皆さまにドラマと共に楽しみにしていただけたら嬉しいです。

◎リリース情報
配信シングル「花と毒薬」
2019/08/16 RELEASE

◎配信情報
FODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』
2019年8月16日(金)0時配信開始
※毎週金曜日0時最新話配信
出演: 桜井日奈子、白洲迅、塩野瑛久(男劇団 青山表参道X)、仁村紗和、森マリア/萩原聖人、国生さゆり


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい