カノエラナ、新SG「セミ」のMV公開 「生と死の狭間をこの夏、この曲で感じていただければ」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カノエラナ、新SG「セミ」のMV公開 「生と死の狭間をこの夏、この曲で感じていただければ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カノエラナ、新SG「セミ」のMV公開 「生と死の狭間をこの夏、この曲で感じていただければ」

カノエラナ、新SG「セミ」のMV公開 「生と死の狭間をこの夏、この曲で感じていただければ」


 カノエラナが、8月7日に発売する新シングル「セミ」にあわせて、ミュージックビデオが公開された。

 今回のミュージックビデオは、カノエラナのこれまでの代表作「ヒトミシリ」、「シャトルラン」、「トーキョー」等、数々のカノエラナの作品を手掛ける九州出身の映像クリエイター下津優太が制作を担当。誰もが経験する青春の一コマ。確信の無い自信と苛立ち、思い通りに行かないやるせない思いを切々と歌った表題曲「セミ」は、儚さに隠れた気迫を表現するカノエラナの真骨頂。約4分間の映像にすべての感情をリアルに閉じ込めた作品に仕上がった。

 なお、8月7日の東京・・池袋 Space emoを皮切りに、東名阪福の全4か所でリリースイベントも開催される。



◎カノエラナ コメント
色んな感情が重なりに重なって出来上がったMVになりました。
見終わった後に口の中に苦味を感じる作品です。
生と死の狭間をこの夏、この曲で感じていただければなと。宜しくお願い致します。

◎下津優太 コメント
中学時代に見た、もがき苦しみ、死んだ、セミ。
そのセミと重ね合わせる。 みっともなく足掻いて生きる。
いつかきっと誰かが、見つけ出してくれるまで。
見た人それぞれで感じて欲しかったので、説明し過ぎず、ドラマチックになり過ぎず、
でも、踊りに想いを込めて。誰かの何かの助けになればと。
バランスを考えて演出しました。


◎リリース情報『セミ』
2019/8/7 RELEASE
KRKB-1002 1,500円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい