ハイム、P.T.アンダーソンが監督した新曲「サマー・ガール」のMV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハイム、P.T.アンダーソンが監督した新曲「サマー・ガール」のMV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ハイム、P.T.アンダーソンが監督した新曲「サマー・ガール」のMV公開

ハイム、P.T.アンダーソンが監督した新曲「サマー・ガール」のMV公開


 ハイムが、2017年にリリースしたアルバム『サムシング・トゥ・テル・ユー』以来初となる新曲「サマー・ガール」をリリースした。

 「サマー・ガール」は、夏らしい爽やかでジャジーなナンバーで、印象的なサックスのメロディは、元ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バトマングリが手掛けた。また、曲のメロディが故ルー・リードの「ウォーク・オン・ザ・ワイルド・サイド」に似ていることから、その特徴的なサウンドにインスパイアされたベース・ラインが加えられており、故リードはソングライターとしてクレジットされている。

 メンバーのダニエル・ハイムは、自身のパートナーで、この曲のプロデューサーでもあるアリエル・リヒトシェイドが『サムシング・トゥ・テル・ユー』の制作中に、癌と診断されたことをうけ、この曲を書いた。ダニエルは、Twitterで「彼はもう大丈夫だよ!」と報告している。

 同時に、映画監督ポール・トーマス・アンダーソンによるMVも公開されている。ハイムのファンとして知られるアンダーソンは、過去に彼女たちの「Little of Your Love」、「Right Now」、「Night So Long」のMVに加え、『サムシング・トゥ・テル・ユー』の制作に迫ったショート・フィルム『Valentine』も手掛けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい