『ロケットマン』エルトン・ジョン役タロン・エガートン、『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めた監督とともに初来日決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『ロケットマン』エルトン・ジョン役タロン・エガートン、『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めた監督とともに初来日決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『ロケットマン』エルトン・ジョン役タロン・エガートン、『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めた監督とともに初来日決定

『ロケットマン』エルトン・ジョン役タロン・エガートン、『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めた監督とともに初来日決定


 エルトン・ジョンの半生を映画化した話題の映画『ロケットマン』で主演を務めた英俳優タロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督の来日が決定した。

 『キングスマン』シリーズのエグジー役で一躍その名を世界に轟かしたタロン・エガートンは、本作で世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャンを演じ切った。かねてから日本に来ることを切望していたタロンは、日本のファンへ向けて「日本は、ずっと訪ねてみたい場所のリストのトップだったんだ。『ロケットマン』で日本に行けることになって、興奮しているよ。僕らが一生懸命つくった作品なので、日本の人々にも早く見てもらいたい。日本に到着するのがとても楽しみだよ。」とコメントしている。全編の歌唱シーンを吹き替えなしで歌い、エルトン本人も舌を巻いたと語る入魂の本作を引っ提げ、ファン待望の初来日を果たすタロンが、日本の地で何を語ってくれるのか期待が高まる。

 さらに、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャー監督は自身3度目、約5年ぶりの来日を果たす。フレッチャー監督は「素晴らしい友人であり、一緒に映画を作った仲間でもあるタロンと一緒に、東京に行けることになり、本当に嬉しいです。私にとって日本は、素晴らしい文化の生まれた場所であり、その文化を心から愛し、享受しています。スタイルの極致であり、深い伝統が素晴らしい現代性と結びついているんです。我々は『ロケットマン』のことをとても誇りに思っています。本作品は、エルトン・ジョンの目と音楽を通して描かれたミュージカルファンタジーアドベンチャーです。日本の皆さんは、きっと我々がこの作品につぎ込んだ労力と想像力を評価してくださるでしょうし、一緒にこの作品を楽しんでくれるのを楽しみにしています。」と語っている。

 タロンとフレッチャー監督は8月15日に開催予定のジャパンプレミアイベントでレッドカーペットイベントに登場することも決定しており、その模様は当日Twitterで生中継される予定だ。そして2人の来日を記念し、日本でも大人気なエルトン・ジョンの代表曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」が誕生する運命の瞬間を収めた本編映像が初公開。エルトンが信頼する親友で作詞家のバーニーが書いた詩からインスピレーションを受けた楽曲が完成されていく様子に、バーニーとエルトンの家族が釘付けになっていく姿が映し出されている。エルトンとバーニーの最強の音楽パートナーとして強い絆で結ばれた友情を実感する瞬間や、タロンの美声で紡がれた名曲の再現度にワクワクが止まらない。

◎公開情報
『ロケットマン』
2019年8月23日(金)より、全国公開
監督:デクスター・フレッチャー
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデンほか
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい