【ビルボード】RADWIMPS『天気の子』がダウンロードALで今週も首位  フジロックの影響か“ずとまよ”が2作再浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】RADWIMPS『天気の子』がダウンロードALで今週も首位  フジロックの影響か“ずとまよ”が2作再浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】RADWIMPS『天気の子』がダウンロードALで今週も首位  フジロックの影響か“ずとまよ”が2作再浮上

【ビルボード】RADWIMPS『天気の子』がダウンロードALで今週も首位  フジロックの影響か“ずとまよ”が2作再浮上


 RADWIMPSの『天気の子』が、8月5日付(集計期間:7月22日~7月28日)のBillboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、2週連続となる首位を獲得した。

 本作は、新海誠監督最新作の同名映画のサウンドトラックだ。7月19日に映画公開とあわせて発売されると、先週発表のチャートでは15,425ダウンロード(DL)で初登場1位に。今週も12,000DLと好調にセールスし、2週連続の首位となった。なお、先週発表のチャートで42位から19位に大きく浮上した『君の名は。』のサウンドトラックは、今週さらに順位を上げて16位。2作ともにヒットとなっている。

 続く2位は、the HIATUS『Our Secret Spot』が獲得。前作から約3年ぶり、6枚目となるアルバムで初週ダウンロード数は2,424DLに。the HIATUSは今年で結成10周年を迎えており、本日7月31日から全国9か所12公演からなるツアーを開催する。

 その他、7月26日~28日開催された【FUJI ROCK FESTIVAL'19】に出演したアーティストが再浮上している。ずっと真夜中でいいのに。は、2018年リリース『正しい偽りからの起床』が64位から37位、2019年6月リリースの『今は今で誓いは笑みで』が32位から29位へとランクアップ。他にも、2018年リリースのジョナス・ブルー『ブルー』が圏外から40位に、2008年リリースのELLEGARDEN『ELLEGARDEN BEST 1999-2008』が圏外から76位へ浮上している。



◎【Download Albums】トップ10
1位『天気の子』RADWIMPS (12,000ダウンロード)
2位『Our Secret Spot』the HIATUS (2,424ダウンロード)
3位『aurora arc』BUMP OF CHICKEN (2,419ダウンロード)
4位『What a life』EXO-SC (1,229ダウンロード)
5位『Finally』安室奈美恵 (940ダウンロード)
6位『834.194』サカナクション (868ダウンロード)
7位『A COMPLETE~ALL SINGLES~』浜崎あゆみ (776ダウンロード)
8位『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』エド・シーラン (731ダウンロード)
9位『NO SLEEP TILL TOKYO』MIYAVI (729ダウンロード)
10位『LOVE』菅田将暉 (631ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい