『7月27日はなんの日?』ビートルズから全米首位を奪った60年代アメリカの歌姫、ボビー・ジェントリーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『7月27日はなんの日?』ビートルズから全米首位を奪った60年代アメリカの歌姫、ボビー・ジェントリーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『7月27日はなんの日?』ビートルズから全米首位を奪った60年代アメリカの歌姫、ボビー・ジェントリーの誕生日

『7月27日はなんの日?』ビートルズから全米首位を奪った60年代アメリカの歌姫、ボビー・ジェントリーの誕生日


 7月27日は1960~70年代に活躍した女性シンガーソングライター、ボビー・ジェントリーの75歳の誕生日。

 ボビー・ジェントリーは1944年7月27日、ミシシッピー州チカソー・カウンティ生まれ。ティーンエイジャーの頃にロサンゼルスへと移り、やがて音楽の道を志すように。ラスベガスのナイト・クラブで歌っていたところをスカウトされ、1967年にキャピトルから『ビリー・ジョーの唄』でデビュー。アルバムは当時15週にわたって全米ビルボード首位に君臨していたビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』からその座を奪い、2週にわたってNo.1を獲得。同名シングルも4週連続で全米ビルボードNo.1を独走し、【グラミー賞】3部門に輝いた。その後は米カントリー界きっての人気者グレン・キャンベルとのコラボレーションでヒットを放つなど、“ミシシッピ・デルタ・クイーン”としてアメリカ南部を拠点に活躍。ジミー・ウェッブ作でグレン・キャンベルが歌った「悲しきジョニー」や、バート・バカラック=ハル・デイヴィッドの「二度と恋はしないわ」「雨にぬれても」など、良質なポップ・スタンダードを収録した作品『愛に生きる』(1969年)『恋よ、さようなら』(1970年)を発表している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい