The 1975が次作アルバムから新曲公開、16歳の環境保護活動家によるスピーチ引用 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

The 1975が次作アルバムから新曲公開、16歳の環境保護活動家によるスピーチ引用

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
The 1975が次作アルバムから新曲公開、16歳の環境保護活動家によるスピーチ引用

The 1975が次作アルバムから新曲公開、16歳の環境保護活動家によるスピーチ引用


 The 1975がニュー・アルバム『Notes On A Conditional Form』を2020年2月21日にリリースすることを発表した。前作『A Brief Inquiry Into Online Relationships』(邦題:ネット上の人間関係についての簡単な調査)に続く、自身通算4作目のスタジオ・アルバムとなる。

 同時に、アルバムからの先行シングルとして、新曲「The 1975」も公開。弱冠16歳のスウェーデン人で環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリによる、気候変動問題に関するスピーチがフィーチャーされている。その内容は、石油が世界中で日々1億バレル使用されていることを指摘し、「今こそ目覚め、反逆の時だ」と語りかけるもの。

 現在、アルバムの予約注文受付がスタートしている。


◎リリース情報
アルバム『Notes On A Conditional Form』
2020/2/21 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい