故B.B.キング、愛用のギター“ルシール”がオークションに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故B.B.キング、愛用のギター“ルシール”がオークションに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故B.B.キング、愛用のギター“ルシール”がオークションに

故B.B.キング、愛用のギター“ルシール”がオークションに


 2019年9月21日にオークションにかけられる故B.B.キングの遺品の中に、“ルシール”と名付けて愛用していた黒いエレキギター、ギブソンES-345プロトタイプが含まれていることがわかった。

 7月23日にJulien’s Auctionsが発表したところによると、このギターはキングの80歳の誕生日にギブソン社から贈呈されたもので、ヘッドストックには“B.B. King 80”、クラウンには螺鈿のインレイが入っており、評価額は8万~10万ドル(約865万~1,082万円)とされている。

 実はキングが“ルシール”と呼んだギターはこれが最初ではなく、そもそもは1949年に米アーカンソー州のクラブで演奏した際、火災から救い出したギターにつけた名前だったとオークション・ハウスは説明している。男性二人が女性を巡ってけんかしている最中に火事になり、キングはギターを回収しようとクラブに戻り危うく死にかけた。その時の女性の名がルシールだったと知った彼は、「絶対に女性をめぐって争ったり、燃えている建物に駆け込まないと自分を戒めるよう」、彼女にちなんで名付けたのだそうだ。

 オークションにかけられる遺品の中には、1990年にブッシュ大統領から授与された【ナショナル・メダル・オブ・アーツ】の勲章をはじめ、ツアーで使っていたヴァン、ジュエリー、衣類などが含まれている。B.B.キングは2015年に89歳で死去した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい