クイーン、「ボヘミアン・ラプソディ」MVが10億再生突破、ファン参加型の記念プロジェクト発足 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クイーン、「ボヘミアン・ラプソディ」MVが10億再生突破、ファン参加型の記念プロジェクト発足

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
クイーン、「ボヘミアン・ラプソディ」MVが10億再生突破、ファン参加型の記念プロジェクト発足

クイーン、「ボヘミアン・ラプソディ」MVが10億再生突破、ファン参加型の記念プロジェクト発足


 クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」のプロモーションのために1975年に制作されたミュージック・ビデオが、1990年以前のMVとして初めてYouTubeで正式に10億再生を超えた。

 これを記念し、2019年7月22日にリマスターされたHDヴァージョンがクイーンの公式YouTubeチャンネルで公開された。また、YouTube Music、ユニバーサル・ミュージック・グループ、ハリウッド・レコードと協力し、ファン参加型プロジェクト“You Are the Champions”を発足させた。

 ブライアン・メイとロジャー・テイラーは声明で、「“ボヘミアン・ラプソディ”が10億再生に到達したことを光栄に思う。皆さんには感謝しており、世界中のファンとお祝いするために、我々の曲の新MVを3本制作することにした。フィーチャーは君だ!君がミュージシャンやシンガーやダンサーやヴィジュアル・アーティストであれ、またはただ楽しみたいだけでもいい。詳しくは“www.youarethechampions.com”に行ってみてくれ。そしてどこかツアーで会おう」とコメントしている。

 “You Are the Champions”プロジェクトでは、ファンによる新たな解釈に基づいて「ボヘミアン・ラプソディ」、「ドント・ストップ・ミー・ナウ」、「カインド・オブ・マジック」の新MVが制作される。シンガーや演奏家は「ボヘミアン・ラプソディ」、ダンサーは「ドント・ストップ・ミー・ナウ」、そしてヴィジュアル・アーティストは「カインド・オブ・マジック」を担当するようだ。完成したMVは今年中にクイーンのYouTubeチャンネルで公開される。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい