奥田民生、セルフカバー曲「与える男」マルチトラック音源リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

奥田民生、セルフカバー曲「与える男」マルチトラック音源リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
奥田民生、セルフカバー曲「与える男」マルチトラック音源リリース

奥田民生、セルフカバー曲「与える男」マルチトラック音源リリース


 奥田民生が、ユニコーンの楽曲をセルフカバーした「与える男」のマルチトラック音源をリリースした。

 2017年からスタートし、奥田民生にとってライフワークのようになりつつあるレコーディング企画“カンタンカンタビレ”。YouTubeでそのレコーディングの模様を多数公開しているが、納得がいかず演奏し直すことになっても、機材を扱っている際に感電しても、とにかく毎回奥田民生が楽しそうな様子が話題となっている。

 同企画ではセルフカバー曲を中心に21曲を制作。うち20曲は配信限定でリリースしたが、vol.20の「働く男」のみ、“奥田民生オリジナルモデル MTR「DP-008EX-OT」”にプレインストールされた状態での発売という異例の試みを行っていた。

 このたび「与える男」のレコーディングの模様(全6本)が公開となり、前述のMTRで再生・録音・編集が可能なマルチトラック音源データをダウンロード販売することが決定。本日より購入が可能となった。

 レコーディングの模様は、DP-008EX-OTスペシャルサイトで視聴することが可能で、マルチトラック音源の販売も同サイトにて行っている。


◎配信情報
「与える男(マルチトラック音源データ)」
2019/7/22 RELEASE
926円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい