FlowBack、失恋の悲しみと再生を描く「Last song」MVに阿久津ゆりえ出演 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

FlowBack、失恋の悲しみと再生を描く「Last song」MVに阿久津ゆりえ出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
FlowBack、失恋の悲しみと再生を描く「Last song」MVに阿久津ゆりえ出演

FlowBack、失恋の悲しみと再生を描く「Last song」MVに阿久津ゆりえ出演


 FlowBackの新曲「Last song」のMVが公開された。

 「Last song」は6月19日発売のアルバム『do not hesitate』の収録曲で、日本テレビ『バズリズム02』6月度POWER PLAYに起用。失恋の悲しみと喪失感を女性視点で歌ったバラードで、MVにはモデルの阿久津ゆりえが出演し、恋人と別れた女性の悲しみが残る日常とそこから再生していく姿を描いている。

 FlowBackは7月27日から全国6大都市ツアー【FlowBack LIVE TOUR 2019「do not hesitate】をスタート。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい